勉強会
OSS
googletest

OSS Gateでgoogletestへの貢献を試みた

OSS Gateワークショップにビギナーとして参加し、OSS開発への第一歩を踏み出しました。

OSS Gateとは

Doorkeeper OSS Gate

「OSS Gate」とはOSS開発に参加していない人が参加する人に変わる「入り口」を提供する取り組みです。
by 公式

参加したワークショップ
OSS Gate東京ワークショップ2018-01-27

OSSビギナーが、サポートを受けながらOSSに貢献する、というワークショップでした。
OSS開発に携わりたいけど、最初の一歩が踏み出せない、というあなた(昨日までの私!)、ぜひ人の力を借りて一歩を踏み出しましょう。

動機

  • 達人プログラマになりたくなった。著名OSSのコードと自分のコードとのレベル差がヒドイ。
  • googletestがOSSとして存在していたおかげでプログラマ人生変わった。他の人にもそうなってほしい。

やったこと

まず、端的に成果を述べると、googletestに新しいissueを報告しました。
https://github.com/google/googletest/issues/1431
内容は、最初にサンプル動かすときに、すんなり動かせなかったので、説明追加して欲しいなー、というものです。

なんだそんなこと、と思われるかもしませんが、私にとってgoogle先生が主体のOSSに関わる、ということは、とても敷居の高いことでした。
実際に、今日OSS Gateに参加できなければ、ずっと一歩を踏み出すことができなかったと思います。

実際やった手順

  • ビギナー1人に対して、サポーターが1人(今回からの体制のようです)。
  • 貢献したいOSSを公式ドキュメント通り動かす。
  • 動かすまでにやったこと、うまくいかなかったこと、を細かくメモに残す。
  • 残した作業メモから、フィードバックできそうなことを整理する。
  • OSS開発者に伝わるようにフィードバックをissueとして報告する。

わかったこと

  • 公式ドキュメントで不明点があると、技術ブログなどで解決しがちだが、一次ソースの質を向上することは重要である。そのためのフィードバックは、OSSへの貢献である。
  • フィードバックは難しくない。普段適当に解決しているだけで、コミュニティに有用な情報を見逃しているだけ。
  • 今ならやれそう!OSS開発!

次やること

  • 最初で最後の一歩にしない。
  • 来週中に次の貢献をする!
  • 今年中にgoogletestのソースコードにpull requestを送る!

感想

行ってみて本当に良かったです。
次、OSSにフィードバック(pull requestも含めて)する敷居がぐっと下がりました。
昨日までの私と同じ境遇にいる方、ぜひOSS Gateで一歩踏み出しましょう!

余談

サポーターの方がまさかの同業さんだったため、組込みLinuxの話題で盛り上がりました。
新しい出会いがあるのも、この種のイベントの魅力ですよね。