Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
17
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@tomota-tar-gz

WindowsでClangを使うならmsys2が便利

More than 3 years have passed since last update.

Clangは公式サイトでWindows用のバイナリが配布されていますが、このバイナリは特定バージョンのVisual Studio(以前はMinGW gcc)に依存しているため導入が面倒です。配布されているバイナリは利用せずに、Msys2のパッケージとしてClangをインストールすると依存関係を勝手に解決してくれるので楽できます。ここではMsys2の導入からClangでコンパイルできるようになるまでの手順をざっくり説明します。

Msys2をインストールする

Msys2はWindows上で動くunixライクな開発環境です。
公式サイトに従い、Msys2をインストールしてください。

Clangをインストールする

ClangはMsys2のパッケージマネージャーpacmanでインストールします。
きっと c:\msys64 にあるmsys2_shell.cmdを起動し、次のコマンドを入力してください。

pacman -Ss clang

ずらずら出てくるパッケージのうち、必要なものをインストールします。
64bitのclangはmingw-w64-x86_64-clang、32bitのclangはmingw-w64-i686-clangです。

pacman -S mingw-w64-x86_64-clang
pacman -S mingw-w64-i686-clang

依存関係がなんたらかんたらと出てきますが、とりあえずyesすると依存するパッケージもインストールしてくれます。

パスを通す

64bitのClangは C:\msys64\mingw64\bin、32bitのclangはC:\msys64\mingw32\bin にインストールされている。ここにパスを通せばどこからでもClangを利用できます。

コンパイルしてみる

stdio.hやらiostreamをインクルードした適当なコードを作りコンパイルしてみます。

clang test.c -o test1.exe
clang++ test.cpp -o test2.exe

無事コンパイルできたらおしまいです。お疲れ様でした。

17
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
tomota-tar-gz
電子楽器の組み込みソフト屋さんだった犬です。 プログラミングに直接関係することはqiitaに、人とかチーム向けのアレコレはhatenaにまとめています。

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
17
Help us understand the problem. What is going on with this article?