Posted at

WindowsでClangを使うならmsys2が便利

More than 1 year has passed since last update.

Clangは公式サイトでWindows用のバイナリが配布されていますが、このバイナリは特定バージョンのVisual Studio(以前はMinGW gcc)に依存しているため導入が面倒です。配布されているバイナリは利用せずに、Msys2のパッケージとしてClangをインストールすると依存関係を勝手に解決してくれるので楽できます。ここではMsys2の導入からClangでコンパイルできるようになるまでの手順をざっくり説明します。


Msys2をインストールする

Msys2はWindows上で動くunixライクな開発環境です。

公式サイトに従い、Msys2をインストールしてください。

https://msys2.github.io/


Clangをインストールする

ClangはMsys2のパッケージマネージャーpacmanでインストールします。

きっと c:\msys64 にあるmsys2_shell.cmdを起動し、次のコマンドを入力してください。

pacman -Ss clang

ずらずら出てくるパッケージのうち、必要なものをインストールします。

64bitのclangはmingw-w64-x86_64-clang、32bitのclangはmingw-w64-i686-clangです。

pacman -S mingw-w64-x86_64-clang

pacman -S mingw-w64-i686-clang

依存関係がなんたらかんたらと出てきますが、とりあえずyesすると依存するパッケージもインストールしてくれます。


パスを通す

64bitのClangは C:\msys64\mingw64\bin、32bitのclangはC:\msys64\mingw32\bin にインストールされている。ここにパスを通せばどこからでもClangを利用できます。


コンパイルしてみる

stdio.hやらiostreamをインクルードした適当なコードを作りコンパイルしてみます。

clang test.c -o test1.exe

clang++ test.cpp -o test2.exe

無事コンパイルできたらおしまいです。お疲れ様でした。