Edited at

githubとsourcetree連携(画像あり、初めての方向け)

More than 1 year has passed since last update.

githubとsourcetreeの連携について、画像付きのものがなかったのであげます。(検索能力がないだけかもしれません。すみません)

sourcetreeで新規リポジトリを作るところから、githubと連携するまでの一連動作をまとめます。

sourcetreeとgithubのアカウントは取得済みであることが前提です。


sourcetreeでリポジトリをつくる

まずは、自分がgithubで公開したいプロジェクトをgitで管理する。

そしてgitに上がったものがgithubにさらにアップロードされる感じです。

ではまず、リポジトリを作成します。

sourcetreeを起動すると、下の画面が出てきます。

上の部分にある「新規リポジトリ」を押します。

そうするとこのプルダウンが出てきますので、「ローカルリポジトリを作成」ボタンを押します。

ローカルリポジトリの作成画面になりますので、「保存先のパス」に自分の開発中のアプリケーションが置いてあるパスを記入します。

ここはfinder(macの場合)を見ればわかるかと思います。

例えば、Userフォルダのmynameのworkフォルダにあるexampleというプロジェクトならば、

User/myname/work/example のような感じでパスをいれます。

パスを記入し、okを押せばgitの管理画面に行きます。

これでプロジェクトをgitで管理できるようになりましたので、githubにあげる準備をしましょう。


githubのURLを確認する

githubのトップはこのような画面になりますので、start projectをクリックしてください。

リポジトリ作成画面になりますので、お好きな名前をつけていただいて(写真はexample)、下の緑色のcreate repositoryボタンを押しましょう。

 

作成すると、URLが表示されます(SSHの隣にあるやつ)。このURLはあとで使うので、コピーしておいてください。そのあとsourcetreeに戻ります。


sourcetreeでgithubのURLを登録する。

sourcetree、gitの管理画面の右上にある設定ボタンを押します。

この画面になりますので、上のタブのリモートを押します。

下の画面になります。最初にこの画面に来た時はおそらく何もないはずです。(写真はすでにありますが。。。) 何もない場合は追加を押しましょう。 すでにある場合は、そのgitファイルがリポジトリに上がるのをよしとするなら編集。そうでなければ、追加で作ってしまいましょう。

追加を押すと下の画面になります。リモートの名前はサービスの名前でいいかと。。。(今回はexample)

その下にあるURL欄に先ほどのgithubで入手したURLを貼り付けてください。



オプションの拡張とかはひとまず置いておいて、下のokボタン

これで、githubとsourcetreeの連携は完了です。

sourcetreeでpushしたものがgithubで新規追加されていくはずです。

意外と初めてやる時はわからなくなってしまったので、参考にしていただけると幸いです。