Posted at

ステータスコードとバグの種類

More than 1 year has passed since last update.

ステータスコードについて学ぶ機会があったので、メモ。

サーバーいじってる時とかによく出るので、覚えて置いて損はないかも?


よく使われる主なステータスコード

さらにこれより深くすることもできますが、一旦これで。。。。


200系

正常系のステータスコード。何も問題がないときに出てきます。


300系

リダイレクトされたときに出てくるステータスコード。

既存のURLが変更されたときとかに起こります。


400系

ユーザー側でのミスがあったときに出てくるステータスコードになります。

タイプミスや必要な項目が埋められていないときになどに、エラーが出されると思いますが、

その時のステータスコードです。


500系

サーバー側の問題が起きた時のステータスコードです。

サービスを作っているとこれがよく出てくると思います。


バグの種類

上記のような種類のステータスコードがありますが、バグの種類にも当然当てはめることができます。

本当にざっくりですが、バグは下のように切り分けることができます。一応その対応も。


  • ユーザーのミス
    => ミスをユーザーに教えてあげて、直してもらいましょう。

  • システムを作る人のバグ
    => こっちのミスなので、ユーザー側には何もさせないようにします(エラー画面見せるとか)。
    ちゃんとこちらのミスであることをユーザーに教えてあげます。

  • システム外で起こっている外部APIのバグ
    => 例えばAWSとかtwitterとかです。ユーザー側からしたら確かに作っている人が悪いように見えますが、
    これは外部システムが悪いんですよとユーザーに伝えるべき。外部が直ればokのはずだから、あとでお試しください。
    とかでいいような気がします。

  • 致命的なエラー
    => これは完全にこちらが悪いです。DBにつながらないとかですね。ユーザーに何かアクションさせてしまうと、
    エラーに拍車がかかるかもしれないので、エラーページに飛ばして何もアクションできないようにします。

これらのバグの内、ユーザーのミスは400系、それ以外は500系になります。

ちなみに。。。。

googleの検証を使えばリアルタイムでステータスを見ることができます。

[検証] => [Network]です。Statusというカラムですね。

その状態でブラウザをいじれば、ステータスがはかれるので見ていて楽しいです。

スクリーンショット 2018-10-13 22.31.12.gif

あまり暗記系は好きじゃないですが、これぐらいは覚えていてもいいかもです。