Help us understand the problem. What is going on with this article?

Raspberry PiでNode.jsを動かす

More than 5 years have passed since last update.

Raspberry Piとは

本家はココを参照。Wikipediaの方がわかりやすいかも。簡単に言えばARM11搭載の小型コンピュータで、主に教育向けとなっています。価格は$35で3000円ちょっとで買える手のひらPCと言った感じです。OSはDebianをカスタマイズしたものとなっています。今回はこのボードにNode.jsを載せてexpressのひな形を動かしてみました。

f:id:tomo_watanabe:20130103021854j:plain

インストール

インストールはここを参考にしました。2013/1/3現在最新のイメージは2012-12-16-wheezy-raspbian.zipとなっています。これをダウンロードして解凍し、ddコマンドなどでSDカードに書き込みます。初回起動時にキーボードとHDMI出力でモニタを接続し、SDカードの拡張とsshの有効化は忘れないで行なっておきます。起動完了してログインができるようになったら、sshでログインして進めて行きましょう。

環境構築手順

環境を構築する手順ですが、以下のように進めていきます

  1. gitのインストール
  2. nvm (Node Version Manager)のインストール
  3. Node.jsのインストール(v0.8.16)
  4. npm(Node Package Manager)のインストール
  5. expressのインストール

1. gitのインストール

$ sudo apt-get install git-core

2. nvmのインストール

gitが使えるようになったので、nvmをインストールします。インストール後にsourceコマンドでnvmを有効にします。

$ git clone https://github.com/creationix/nvm.git ~/.nvm
$ source ~/.nvm/nvm.sh

3. Node.jsのインストール

nvmが使えるようになったので、Node.jsをインストールします。今回はv0.8.16をインストールします。(v0.8.15はビルドでエラーが出ました)

$ nvm install v0.8.16

ビルドにおよそ2時間以上掛かりますので、休憩するなりしましょう(^^;

ビルドが終ったらちゃんとインストールできたか確認しておきましょう。下記のようにv0.8.16が選択されていればOKです。

$ nvm ls
    v0.8.16
current:      v0.8.16

4. npmのインストール

$ sudo apt-get install npm

5. expressのインストール

アプリケーションフレームワークを-gオプションでグローバルインストールします

$ sudo npm install express -g

これで、環境構築は終わりです。

expressサンプルアプリを動かす

ではさっそくサンプルのひな形を動かします。今回は-eオプションでテンプレートエンジンにEJSを指定しています。

$ express -e sample

   create : sample
   create : sample/package.json
   create : sample/app.js
   create : sample/public
   create : sample/public/javascripts
   create : sample/public/images
   create : sample/public/stylesheets
   create : sample/public/stylesheets/style.css
   create : sample/routes
   create : sample/routes/index.js
   create : sample/routes/user.js
   create : sample/views
   create : sample/views/index.ejs

   install dependencies:
     $ cd sample && npm install

   run the app:
     $ node app

$ cd sample && npm install

さて、あとは実行するだけです。ifconfigで予めRaspberryPIのIPアドレスを調べておいて下さい。

$ node app.js

これで、ブラウザから"RaspberryPIのIP"の3000ポートでアクセスして、画面が表示されればOKです。

f:id:tomo_watanabe:20130103020445p:plain

まとめ

いつものように扱うのが面倒な組込みボードかと思いきや、Raspberry Piは普通のPCでした。最初に使う時は、起動したときにマウスとキーボードを繋いでログイン後に$ startx でX Windowが普通に起動して「おおっ!」となりました。この性能の小型ボードが3000円程度で入手できるとは・・・凄い時代になったものです(^^; 学習用キットとしても優秀な出来だと思います。Node.jsを動かすのも特別なことはなく、以前Ubuntuにインストールした時とほぼ同じ手順でできました。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした