Android
iOS
React
reactnative
expo

誰でもアプリが作れちゃう!EXPOでreact-native入門

アプリを作りたくなったので、EXPOというやつでreact-native入門してみる記事。


EXPOとは

なんかいい感じにreact-nativeを書けるようにしてくれるやつ。rubyで言うところのRuby on Railsみたいなポジションらしい。

https://expo.io/


環境構築

まぁyarnとかnpmとかは入ってるものとして...

brewでwatchmanってやつを入れる

$brew install watchman

expo動かすやついれる

$yarn global add expo-cli


expo動かしてみる

$expo init tommy-app

テンプレートを選んでね。

→せっかくなのでblank

スクリーンショット 2019-02-05 10.40.21.png

ワークフローを選んでね

→工事マーク付いてるのでとりまmanaged

スクリーンショット 2019-02-05 10.44.18.png

名前つけてね

→まぁtommy-app

スクリーンショット 2019-02-05 10.41.06.png

yarn見つけたけど使う?

→ Y

スクリーンショット 2019-02-05 10.41.52.png

早速起動。

$cd tommy-app

$yarn start

なんかでる。Run on iOS simulatorを押してみる。

スクリーンショット 2019-02-05 10.47.05.png

シミュレーター動いた。xcode入れてない人はいれとこうね。

image.png

実機デバックのために、ログインしておく

$expo login

expoのアプリを入れると、同じwi-fiにつないどけば、実機デバックもできちゃって便利😭

Image from iOS.png