Help us understand the problem. What is going on with this article?

新入社員がAWS Solution Architect Associate-C02に合格できた話

新入社員がAWS Solution Architect Associate-C02に合格できた話

Qiita初投稿になります。
よろしくお願いいたします。

今回は先日合格しましたAWS SAA-C02についての勉強法、合格するために必要なものを書いていきたいと思います!!!
筆者はSAA-C02の参考書などが見つからず苦労したため、合格できずに苦労している方や今から受ける方などに参考になればと思います。

目次

1.はじめに
2.受験1~3回目
3.受験4回目
4.おすすめ勉強法
5.まとめ

1. はじめに

筆者のスペックを書いていきます。

●社会人1年目の社会人、クラウドに触り始めたのは半年ほど前から
●業務でAWSなどのクラウド構築に従事、主要サービスは作成、説明可能
●3か月前にCloud Practitioner取得

続いては実際に受験した際の勉強法や感想などを書いていきます。

2. 受験1~3回目

受験1回目

・勉強時間
1日1時間×2週間
・勉強法
Udemyの問題集を2割、iPhoneのアプリ8割くらい
・結果
652点(720点合格)
・感想
今回は圧倒的な勉強時間不足。もっとUdemyやるべきだった。。(Udemyは5割くらいしか取れていなかったです。。)

受験2回目

・前回の受験から空けた期間
2週間程度(AWSの資格は再受験の場合、2週間空けないと再受験できないのです。。)
・勉強時間
1日1時間×2週間
・勉強法
Udemyの問題集を5割、iPhoneのアプ5割+3日間のオンライン講座(バウチャー付き)
・結果
624点(720点合格)
・感想
オンライン講座を受けたことで受かると決め込んでいたため勉強に身が入らないことが多かった

受験3回目

・前回の受験から空けた期間
2週間程度
・勉強時間
1日1時間×2週間
・勉強法
今回はUdemy+Udemyで間違えた選択肢などの解説をエクセルなどにまとめた(Udemyは7割まで取れるようにした、エクセルは作成したがあまり復習できなかった。。)
・結果
700点(720点合格)
・感想
試験範囲の中で触ったことがないサービスについてとにかく触るようにした。(しかし、触ったことがないサービス=あまりメジャーでないサービスだったので試験に役に立ったかといわれると。。)
20点分は運が悪かったと割り切ったが試験直後は見直しをもっとしっかりしていれば。。。と後悔しましたw

3. 受験4回目

・前回の受験から空けた期間
3週間程度
・勉強時間
1日1時間×2週間
・勉強法
Udemy+Udemyで間違えた選択肢などの解説をエクセルなどにまとめ、寝る前などに読み物として読んでいた(Udemyは8割以上取れるようにしました)
・結果
729点(720点合格)←とてもギリギリでした。。。
・感想
エクセルで作成した読み物を完璧にしたことが大きかった。
後は受験4回目だったので、ここで落ちたら再受験まで少し時間空けようと考えていた。そのため今までの3回の受験より気合が入っていた。

4. おすすめ勉強法

一番おすすめの勉強法は「Udemy」の問題集をひたすら解くことです。
この問題集で8割~9割取れるようにしていけばよい結果が手に入るかな?と思います(あくまで個人の意見です)
また、AWSアカウントを持っている方は実際に触れてみることもいいかなと思いました。(特にEC2、S3に関しては問題に直接絡んでくることもあったかなと思います!)

5. まとめ

まとめとして筆者がAWS SAA-C02での後悔などを記載します。
まず一番の後悔は金銭面です。。
ただ、Cloud Practitionerを合格していた時のバウチャー(試験50%オフ)のものとオンライン講座のバウチャーがあったためまだ出費を抑えられました(それでも出費は出費ですが)
また、AWS公式の模擬試験も受験しなかったため、受験していればよかったかなと思いました。





いかがでしたでしょうか?
筆者の生の声をなるべく詳細に書いたつもりなので、受験の際は参考にしていただければと思います。
次回はAzureの資格受験の体験談を書ければと思います!
次回もよろしくお願いいたします!

tomiren
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away