Help us understand the problem. What is going on with this article?

[Excel]罫線を崩さない書式変更は覚えておいてもよいかもしれない

More than 1 year has passed since last update.

書式設定を開いて罫線を更新すると隠れている罫線が更新されてしまう仕様を前回まとめた。
この仕様、実は回避することができる。
(回避できても実用的かはまた別の話)

まずは問題のおさらい。

罫線を更新すると変更していない罫線も更新され、かつ外周のセルの罫線も更新される。

普段見えないところで行われてしまうので裏で発動した変更がセルのコピーとかで不意に現れる。
これが罫線が崩れてしまう原因であった。詳しくは「[Excel]イラっとする罫線の挙動、その原因と対策をまとめた」で。

もし、発動する条件が分かれば意図的に回避できるということだ。

書式を開いてプレビューに線が引かれていたら危険

プレビューで、「一意に特定できる線」が表示されたら、そこはその線で再度上書きされてしまうおそれがある。
この状態が罫線を狂わせる。

以下の書式設定は、下辺の罫線「なし」を含みめて全部上書きの可能性がある。
罫線1.png

このようなケースは当然のように発生するので、ほとんどのケースで無意識に線を崩しているということだ。

逆に更新されない線とは何なのか。

それはこんな線。
罫線2.png

線が一意に特定できない場合に網掛けのような線が表示される。この線の場合は更新されることはない。
実際に更新されていないことを確認してみる。

まずは前回紹介した罫線が崩れるBadケースの再掲。
崩れる自セル.gif

この変更を防ぐために、ダミーのセルを作って一緒に選択してから変更すると・・・、
罫線を壊さない工夫1.gif

右辺含み外枠がすべて網掛けの線になった。
この状態で左辺だけ更新すると右辺は二重線にならず太線を維持している。

網掛けを意識すれば変更したい罫線だけを編集対象にできそうだ。

意図的に網掛けを作る選択方法

全てを網掛けにするダミーのセルの作り方でお手軽なのがコレ↓。
網掛けの線.png

書式を開くとすべての線が網掛けの線になっていることが分かる。
罫線3.png

上のようなダミーのセルを選択しつつ本来変更したいセルも選択してから書式変更すればどんな時でも網掛けになる。

まとめ

罫線が壊れないような操作を意識することで崩れる頻度は激減する。
ただし、毎回このやり方を実践するのは効率よくない。
さらに言えば、共有しているファイルなら第三者は問答無用で崩してくるので自分だけが意識しても無意味。
何かの初版を作る時にでも思い出せればよいかなと思う。

余談

書式設定が網掛けになる条件が外枠と内側で違うみたいだった。
外枠は見た目上の線がプレビューされ、内側はセルの設定上の線がプレビューされるみたいだ。ふーん。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away