CentOS 7でRedisを複数立ち上げる

  • 2
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

目的

開発でRedisのレプリケーションや複数のRedisへの接続を試す環境を作成するためにCentOS 7上で複数のインスタンスを立ち上げる方法を紹介します。

Redisのインストール

yum install redis

初回のみ実施すること

pidファイルとログ用のディレクトリを作成。

mkdir /var/run/redis/ && chown redis: /var/run/redis/
mkdir /var/log/redis/ && chown redis: /var/log/redis/

ポートごとの設定

データディレクトリ、設定ファイル、systemctlのユニットファイルの準備。
実行時はredisユーザーとなるので、ファイルオーナーとグループの設定に気をつけて下さい。

cp -uvp /etc/redis.conf /etc/redis_6379.conf
mkdir /var/lib/redis_6379 && chown redis: /var/lib/redis_6379
cp -upv /usr/lib/systemd/system/redis.service /usr/lib/systemd/system/redis_6379.service

systemctlのユニットファイルを以下のように書き換え。

/usr/lib/systemd/system/redis_6379.service
[Unit]
Description=Redis persistent key-value database
After=network.target
[Service]
Type=simple
ExecStart=/usr/bin/redis-server /etc/redis_6379.conf --daemonize no
ExecStop=/usr/bin/redis-cli -p 6379 shutdown
User=redis
Group=redis

[Install]
WantedBy=multi-user.target

configファイルの書き換え。

/etc/redis/6379.conf
# ポート番号の指定
port 6379

# pidファイルのパスを指定
pidfile /var/run/redis/redis_6379.pid

# ログファイルのパスを指定
logfile /var/log/redis/redis_6379.log

# データディレクトリを指定
dir /var/lib/redis_6379/

自動起動設定。

systemctl stop redis.service # 既存のRedisを停止
systemctl disable redis.service # 既存のRedisを削除
systemctl start redis_6379.service
systemctl enable redis_6379.service

ポート6380の設定を追加する

上記の6479を6380に読み替えて設定してください。

参考