Help us understand the problem. What is going on with this article?

【JavaScript】プロパティへのアクセス

More than 5 years have passed since last update.

JavaScriptでのオブジェクトは名前と値を持つプロパティの集合である。

// taroオブジェクト生成
// {プロパティ名:プロパティ値, ...}
var taro = {living : true, age : 25, gender : 'male'};

オブジェクトの各プロパティを操作するには、操作対象のプロパティにアクセスする必要があるが、そのアクセス方法は2種類存在する。

ドット記法によるアクセス

// プロパティの取得
console.log(taro.living, taro.age, taro.gender);
// 出力:true 25 'male'

// プロパティの更新(設定)
taro.living = false;
taro.age = 40;
taro.gender = 'female';
console.log(taro);
// 出力:Object {living: false, age: 40, gender: 'female'}

ブラケット記法によるアクセス

// プロパティの取得
console.log(taro['living'], taro['age'], taro['gender']);
// 出力:true 25 'male'

// プロパティの更新(設定)
taro['living'] = false;
taro['age'] = 40;
taro['gender'] = 'female';
console.log(taro);
// 出力:Object {living: false, age: 40, gender: 'female'}

で、どうやって使い分ける?

記述の単純さから、基本はドットによるアクセスにすべき。
しかしながら、ブラケットが有利な場合も存在する。

例えば変数を使用してアクセスしたい場合。
変数の値を変えればアクセスするプロパティを変更することも可能になる。

var obj1 = { TaroTanaka: 'male',
             HanakoTanaka: 'female' };
var first = 'Hanako', last = 'Tanaka';
console.log(obj1[first + last]); // 出力:female
first = 'Taro';
console.log(obj1[first + last]); // 出力:male

また、数値や予約語などといった、不正な名前を持つプロパティへアクセスする場合も有効である。

// プロパティ名に数値や予約後は使用できない(文字列は可)
var obj2 = { '123': '数値', 'class' : '予約語'};
console.log(obj['123'], obj['class']); // 出力:数値 予約語
route06
DXに関する戦略コンサルティング/デジタルプロダクト開発/データプラットフォーム統合などのご支援をさせていただいております。 2020年5月に資金調達をし、本格的に動き出したところで、全職種募集しています。フルリモートワークで全国各地から働けます。ご興味・ご関心のある方がいらっしゃいましたら、お気軽にご連絡ください。現在はカジュアル面談大歓迎です!
https://route06.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした