Help us understand the problem. What is going on with this article?

IntelliJを利用したTerraform開発環境構築手順

More than 1 year has passed since last update.

Terraform開発環境の構築手順概要

TerraformでAWS環境を構築することになり、開発環境を整えましたので、
情報整理も兼ねて手順を本記事で纏めておこうと思います。

なぜTerraformか

AWSを自動構築する場合、Cloudformationを利用することが多いと思いますが、
DRY-RUN実行時にパラメータ差分まで分かる利点があることからTerraformを選択しました。
※2018/11 re:Inventにて「CloudFormationでスタック差分の検出機能をリリース」との発表あり。。詳細未確認。
CloudFormationと違いサポートが無いことがリスクとしてありますが、そこまで大きな問題はないと思います。
IntellijはHCL(Terraformを記述する言語)のプラグインをサポートしており、開発効率が高いです。

Intellijインストール

①Intellij IDEAダウンロード

②IntellijをZipを適当な場所に解凍

③Intellijの起動
\${解凍したパス}\ideaIC-2018.2.5.win\binidea64.exeを実行
※64ビット版のOSを利用している場合

Intellij日本語化

①Pleiades日本語化プラグインのダウンロード

②Pleiadesプラグインのインストール
解凍し、展開したフォルダを開きます。下図のファイルが含まれています。[setup.exe]ファイルをダブルクリックして実行します。
image.png

[Pleiades 日本語化プラグインのセットアップ]ダイアログが表示されます。[日本語化するアプリケーション]の欄の右側の[選択]ボタンをクリックします。
image.png

ファイル選択ダイアログが表示されます。64ビット版のOSを利用している場合は"idea64.exe"ファイルを選択します。
image.png

ファイルが選択されると下図の画面表示になります。ダイアログ右下の[日本語化する]ボタンをクリックします。
image.png

日本語化処理が実行されます。処理が完了すると下図のメッセージボックスが表示されます。[OK]ボタンをクリックしてメッセージボックスを閉じます。
image.png

ダイアログ右下の[終了]ボタンをクリックしてインストーラーを終了します。
image.png

HCLプラグインの設定

① intellijを起動します。

②メニューバーから「ファイル」→「設定」を選択します。

③「プラグイン」を選択します。
image.png

④リポジトリの参照を選択します。
image.png

⑤HCLプラグインを検索しインストールします。
image.png

⑥intellijを再起動します。

その他

IntelliJの他にTerraformやAWS CLIをインストールすればコーディングが開始できます。
複数人で作業する場合はGitなどのバージョン管理ツールを使うと便利です。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away