Edited at

Laravel(v.5.5) - Directory Structure

More than 1 year has passed since last update.


ディレクトリ構成

読んでるのはここね


イントロ

いわゆるモデルのためのmodelディレクトリはないよ。

っていうのもモデルって言葉が広すぎるから。

ってな訳でデフォルトではappディレクトリにしてるけどどうぞご自由に設定してね。


ルートディレクトリの中身たち


  • app


    • アプリの核となるところ(後述)



  • bootstrap


    • フレームワークのブートストラップ

    • パフォーマンス最適化のためのcacheもここにいる



  • config


    • 名前の通り設定系ファイル



  • database


    • マイグレーションファイルとかseedとかその辺

    • sqliteのデータベースフォルダとしても使える



  • public


    • アプリのウェブルートディレクトリ

    • jsとかcssとか画像とかもここに入れるかな



  • resources


    • トランスパイルする前のsassとかそういうの入れとくとこ



  • routes


    • web.app


      • webページのルーティング



    • api.app


      • apiのルーティング



    • console.app


      • CLIのルーティング(?)



    • channels.php


      • ワカンネ





  • storage


    • フレームワークで生成されたやつ格納するフォルダ(Bladeとか)

    • appかframeworkかlogsから作られる

    • public/storageにSL作れる(php artisan storage:link)



  •  tests


    •  自動化テスト用ファイルのフォルダ

    •  phpunitコマンドで走る



  •  vendor


    • Composerの依存関係系が入ってる




Appsの詳細

ざっくりHttpとConsoleとProvidersに分かれてる。

artisanのmakeコマンド実行するとapp内のディレクトリに色々生成される。

※makeコマンドで作成できるのはめちゃ多いっぽい(php artisan list makeで確認できる)

デフォルトであるディレクトリ(Http、Console、Providers)と、コマンドで作るディレクトリがある。

デフォでないやつは今回割愛、名前だけ載せとく。


デフォであるやつ


  • Console


    • Artisanコマンドをカスタマイズできるとこ



  • Http


    • いわゆるコントローラー



  • Providers

  • Exceptions


    • 例外ハンドラ




デフォでないやつ


  • Events

  • Jobs

  • Listeners

  • Mail

  • Notifications

  • Policies

  • Rules

はいネクスト