Help us understand the problem. What is going on with this article?

【PHP】演算子

More than 3 years have passed since last update.

この記事は一人PHP総復習 Advent Calendar 20166日目の記事です!
今日はPHPの演算子についてまとめてみます( ˙ω˙)و グッ!

とは言っても、全部羅列するだけだとドキュメントと変わらないので、よく使うやつと気をつける点を紹介します。

演算子とは

ひとつ以上の値 (あるいはプログラミング用語における「式」) から別の値 (制御構造が式になるように) を生み出すもの

(PHPマニュアルより)

言葉にすると難しいですね。汗
変数のような値に対して効果を与えるものと言えます。
= + ? ! など、よく目にするものが多いですね。

覚えるまでもなく、演算子なしにプログラミングは(ほぼ)できないので、習うより慣れろで見ていきましょう。
演算子の名前ごとに分類していますが、名前は覚える必要ないと思います。

演算子の分類

代数演算子

プログラミング以外でもよく目にする、いわゆる「計算」のようなものです。

$a + $b は加算
$a - $b は減算
$a * $b は乗算(×ではないので注意)
$a / $b は除算

といった具合です。
除算の結果は整数または浮動小数点数が返されるので、扱いには注意しましょう。

演算子の効果: 計算

代入演算子

これまでにも頻出した= を使います。
この = は計算式の「等しい」ではなく「値の代入」を示します。

$b = 1;

$b は1と等しい、ではなく、$b に1を「代入する」という意味です。

演算子の効果: 代入

比較演算子

値同士を比較してその結果を返します。

例えば、先ほどの=は「代入」を表していましたが、===は「等しい」ことを演算します。
$a === $b$a$bが等しい場合はboolean型のTRUE、等しくない場合はFALSEを返します。

ただし、等しいことを比較する演算子には型を変換して比較する == と、型が等しいことも精査する === があるので注意してください。

<?php

$a = '1'; // string型(文字列)
$b = 1; // integer型(整数)

echo $a == $b; // true
echo $a === $b; // false

「型」の勉強がここでも活きてきますね( 厂˙ω˙ )厂

よく使う比較演算子には、

!= 等しくない(型を変換して比較)
!== 等しくない(型も比較する)
> 大なり
>= 大なりイコール

などがあります。
!は、下記でも紹介しますが主に否定の意味を表します。

演算子の効果: 比較

さらに、三項演算子というものがあります。
?:を使います。

式1 ? 式2 : 式3

式1を評価し、trueの場合は式2を、falseの場合は式3を返します。

<?php

$user = 'Tom';
$greeting = isset($user) ? 'Hello, '. $user : 'Hello, guest';

echo $greeting; // 'Hello, Tom'

初めに式1のisset($user)を評価して、trueだったので式2を返しています。(その返り値を$greetingに代入)

また、式2が式1と同じ値をとる場合は省略ができます。

<?php

$user = ['id' => 1, 'age' => 18, 'region' => 'Tokyo'];
$name = $user['name'] ?: 'NONAME';

echo $name; // 'NONAME'

さらにPHP7からはnull合体演算子という??を使った演算子ができました。

式1 ?? 式2

式1が存在するとき式1を、無い場合は式2の値を返します。

<?php

// 下記は全て同じ結果を返す処理
if (isset($name)) {
    $user['name'] = $name;
} else {
    $user['name'] = 'NONAME';
}

$user['name'] = isset($name) ? $name : 'NONAME';
$user['name'] = $name ?? 'NONAME';

一行でスッキリ簡潔に書けるので、null合体演算子よく使います!

論理演算子

条件式を組み合わせて評価をすることができます。

式1 && 式2

上記の&&は「且つ」を表すので、「式1がTRUE且つ式2がTRUE」の時にTRUEを返します。

式1 and 式2

上記も同様に「且つ」を表しますが、&&andは優先順位が違います。
同様に「又は」を意味するor||も優先順位が違うので注意してください。

優先順位は or << and << || << && なので、

if (式1 && 式2 || 式3 or 式4) { ・・・

という条件文があった場合は、

式1 && 式2
① || 式3
② or 式4

という順で演算されます。

文字列演算子

.を使って文字列を操作します。

<?php

$greeting = 'Hello, ';
$message = $greeting . 'Tom!';

echo $message; // 'Hello, Tom!'

文字列を.で繋げると、結合します。

<?php

$greeting = 'Hello, ';
$greeting .= 'Tom!';

echo $greeting; // 'Hello, Tom!'

.=を使うと、左の変数に右の文字列を結合して代入します。

まとめ

ごくごく基本的な演算子をさらってみました。
演算子をうまく使って、できるだけ簡潔なコードを書いていきたいですね!

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away