Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
7
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 5 years have passed since last update.

cpandocべんりってはなし

前置き

perl入学式でなぜcpandocの話をするのかというと、 Perl入学式とPerlの advent calenderを間違えたからです、、、。
この記事ではkarupaneruraさんがperldocの解説のおまけとして紹介していたcpandocの使い方と、自分が作ったccpandocの紹介をしたいと思います。

cpandocの使い方

cpandocはPod::Cpandocをインストールすると使えるようになるコマンドで、ローカルマシンに存在しないモジュールでもperldoc相当の情報が得られます。
オプションもperldocとほぼ同じです。

cpandoc -m Acme #コード表示
cpandoc Acme #ドキュメント表示

cpandocにしかない機能として、変更履歴の取得があります。

cpandoc -c Acme #Changesを取得

自分の利用例

  • twitter botがcpanモジュールの更新を通知してきたらcpandoc -c で素早く変更内容を見る
  • パスが通ってなくてドキュメントが見れないけど、余計なこと考えたくないとき

ccpandocの話

で、Changesって自分の場合短時間に何回も見ることが多いです。

その場その場はもう見ないだろと思って消すんですが、短期記憶が弱すぎて4,5回見ることが多いので、キャッシュすることにしました。
Pod::Cpandoc::Cacheをインストールすると、ccpandocコマンドが使えるようになります。

$ time ccpandoc -c Acme
real 0m0.743s
user 0m0.221s
sys  0m0.093s

$ time cpandoc -c Acme
real 0m2.325s
uer 0m0.200s
sys  0m0.092s

ccpandoc使わなくてもemacsからcpandocを使えるようにしてバッファに残しておけばいいんですけど、誰か。

参考

モジュールを書いたときのブログ記事
http://blog.tokubass.net/2014/06/cpandoc.html

CPAN Module の変更点をサクッと調べる方法
http://blog.livedoor.jp/xaicron/archives/54445186.html

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
7
Help us understand the problem. What are the problem?