Edited at

Google HomeとジャルジャルのM-1のネタ再現してみた

More than 1 year has passed since last update.


はじめに

この記事は クソアプリ Advent Calendar 2017 14日目の記事です。

普段は営業職をしていてAdvent CalendarはたまにTwitterで流れてくる記事を眺めるくらいだったのですが、今回作ったものを見せたところkon_yuさんにぜひ投稿すべきと言われたので初参戦です。


作ったもの

Google Home上で遊べるジャルジャルのピンポンパンゲーム

実際に遊んでいる様子(画像クリックでデモ動画に飛びます)

こちら


なぜ作ったの

今年のM-1グランプリの決勝戦でジャルジャルの変な校内放送のネタをみて、その斬新な構成に驚きました。

しばらくは周りの人とピンポンパンゲームを真似して楽しんでいたのですが、それからしばらくしてActions on Google(のDialogflow)というものを使えばGoogle Homeで簡単にいろいろなことを言わせることができるという記事がTwitterで流れてきましました。

参考:Actions on Googleでapi.aiを使ってGoogle Homeに何か言わせてみる

これを見て自分の中でブームが来ていたジャルジャルのネタとActions on Googleを組み合わせれば、Google Homeとネタができるやん!と思った次第です。


すごいところ/ちょっと手こずったところ

ジャルジャルのネタの途中で「ファミレス行ってピンポン押して店員さん呼んでハンバーグ定食頼んでパンかライスか聞かれてるやん!」という長台詞があるのですが、Googleの音声認識ではほぼ完璧に認識できていました。

一方でピンポンパーンといった擬音、特に今回のネタのように作られた擬音は、音声認識されてもひらがなで認識されてしまって、カタカナで設定したInputがうまくトリガーされないといったことが起こりました。これに関してはひらがなでInputのトリガーを設定してしまうという力技で解決しました。


製作時間

4時間(ネタの分析 + 開発)


まとめ

今回は思いついたアイデアをすぐに形にできて、営業やってるような自分でも作れてしまうのはDialogflowすごいなと感じました。

こういう下らないものをゆる〜く一緒に作る趣味仲間も募集していますので、なんか作ろうぜ!って方はぜひTwitterかなにかでご連絡いただけると嬉しいです。