RaspberryPi

Raspberry Pi Zero W をUSBケーブルだけで簡単にセットアップする方法

More than 1 year has passed since last update.

UbuntuでRaspberry Pi Zero Wを初期設定したときの作業ログです。
私の環境は Ubuntu 17.04 です。

基本的に Raspberry Pi Zero(W)のセットアップ を参考にしていますが、
USB経由でのインターネット接続を有効にする の部分で上手く行かなくて、
Wifiの設定を母艦から直接書き込んだほうが早かったという話です。

microSDにイメージをインストールする

https://www.raspberrypi.org/downloads/raspbian/
ここからイメージをダウンロードしてきて、ddで焼きます。

dd bs=4M if=2017-07-05-raspbian-jessie-lite.img of=${/dev/sdbとか}

Wifiでログインできるようにする

先程のmicroSDはbootと、rootになるパーティションの2つが存在するので、どちらもマウントして、
bootパーティション直下にsshという名前のファイルを作成することで、sshdを有効化して、
cmdline.txtconfig.txt というファイルを編集することで、Wifiモジュールを読み込んでもらうようにします。

cd /media/${USER}/boot
touch ssh
sed -ie 's/quiet/modules-load=dwc2,g_ether quiet/' cmdline.txt
echo "dtoverlay=dwc2" >> config.txt

Wifiのパスワードを設定する

root(bootじゃないよ)になるパーティションをマウントして、
/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf に直接Wifiの設定ファイルを突っ込みます。

cd /media/${USER}/${bootじゃない方のパーティション}/etc/wpa_supplicant
wpa_passphrase "アクセスポイント名" "パスワード" >> wpa_supplicant.conf

# Wifiのパスワードが履歴に残るのが嫌なら、標準入力からも渡せます。
# wpa_passphrase "アクセスポイント名" < パスワードの書かれたファイル >> wpa_supplicant.conf

以下のようなものが追記されます。

network={
        ssid="SSID名"
        #psk="生のパスワード"
        psk=暗号化されたパスワード
}

起動してみる

これでmicroSDをラズパイに挿してブートしてあげると、
無事にWifiに接続して、SSHで待ち構えてくれます。

ssh pi@raspberrypi.local -o PreferredAuthentications=password

PreferredAuthenticationsを付けるのを忘れていて困ったw
パスワードはraspbianだそうです。