Edited at

義兄弟が教える! markdown 習得者が Word を使い、武勲を得る方法

More than 3 years have passed since last update.

少林寺にて markdown を修めた者なら否が応にも知ることであろうが、下界では Word が使われている。特にオフィスでは Word は、必須の武術と言っても過言ではない。

また、江湖では、北に markdown あらば、南に Word ありとも言われる。 markdown がいかに優れた拳法であろうとも、Word を知らない、使えないと言っていては武勲も立てられぬ。

しかし安心してほしい。義兄弟のために、対応表を用意した。貴兄のような markdown の達人とあらば、Word を使いこなすに半時も必要なかろう。


Markdown , Word 対応表

項目
markdown
Word (Windows)
Word (Mac OS X)

見出し1
#
Ctrl+Alt+1
⌘+Option+1

見出し2
##
Ctrl+Alt+2
⌘+Option+2

見出し3
###
Ctrl+Alt+3
⌘+Option+3

見出し解除

Ctrl+Shift+N
⌘+Shift+N

太字
**Foobar**
Ctrl+B
⌘ + B

リスト
* Foobar

* 入力後、スペース(又は 、 Ctrl+Shift+L)
⌘+Shift+L

順序付きリスト
1. Foobar

1. 入力後、スペース

リンク
[テキスト](http://...)
Ctrl+K

引用
> Foobar
タブ、もしくはスタイルの「引用文」

水平線

--- , ***

---- 入力後、エンター


:pencil: Inline code記法, code記法の実現は、Word では期待してはならない(「スタイル」の定義、あるいは、highlightされたテキストエディタからのコピペなどで、ある程度は実現できるかもしれない)。



終わりに

いかがであっただろうか。markdownWord の双方を修めれば、まさに「武林に敵なし」である。多少の労はあると思うが、ぜひ参考にしてほしい。


参考