Java
R
docker
Shiny

Shinyproxyを始める

Shinyproxyは、JavaとDockerを使ってShiny Appsを立ち上げることができます。

必要なもの

Java
Docker

環境設定

ポート番号2375を開ける(Docker用)
ポート番号8080を開ける(一般公開用、ローカルの環境では必要ないと思います)

ダウンロードしてくるもの

Shinyproxy jar ファイル
Shinyproxy jarダウンロードサイト

必要ファイル

Shiny appsの
ui.R
server.R

参照

ShinyProxyのサイトを参照させていただきました。
ShinyProxy

追記

上記にある「環境設定」と「必要ファイル」 が用意されていましたら、すぐに下からのgithubのページからファイルを持って来て、Shinyproxyを走らせることができます。

shinyproxyTemplate

必要に応じて、Shinyアプリのui.R, serve.Rを書き換えて、Shinyproxyを走らせてください。

ユーザーのコントロールは、application.ymlで可能です。