Help us understand the problem. What is going on with this article?

Jetson TK1事始め

More than 5 years have passed since last update.

先日Maker Faire Tokyo 2014というイベントに行ったところ、うっかりNVIDIAのTegra K1を搭載した開発キットJetson TK1を衝動買いしてしまいました。

せっかくなので色々遊んでみたいと思います。

接続

ACアダプターを接続すると起動します。LANケーブルを接続してから起動するとDHCPでネットワークに接続しますので、なんらかの方法で割り振られたIPアドレスを調べればSSHでシェルに接続できます。

OSは普通のUbuntu 14.04(ARMアーキテクチャ)になっています。

HDMI端子があるので、モニターとUSBのキーボード・マウスを繋げばスタンドアローンで使えるようです(試してません)。

アップデート

購入したJetson TK1にインストールされていたドライバーはR19というバージョンのものでした。
R19ではCUDA Toolkit 6.0(最新は6.5)までの対応のようなので、さっそくR21にアップデートしました。

アップデートにはUbuntu 14.04(x64)をインストールしたPCが必要になります(私は仮想マシンを使いました)。
下記のURLからJetson TK1 Development Pack (JetPack TK1)をダウンロードし、

https://developer.nvidia.com/jetson-tk1-development-pack

下記のURLの手順に従ってインストールします。

http://docs.nvidia.com/jetpack-tk1/index.html#developertools/mobile/jetpack_install.htm

内蔵Flash上のファイルシステムの更新のためにJetson TK1の接続を求められますので、USBケーブルでPCとJetson TK1を接続しましょう。

次にJetson TK1のIPアドレスとユーザ名・パスワードの入力が求められます。ユーザ名・パスワードはともに「ubuntu」になっています。
(デフォルトだと入力しなくていいような文言がありますが、ちゃんと入力しないとうまくインストールが行われませんでした。)

その後サンプルをインストールするか聞かれます。Yesを選ぶとサンプルがクロスコンパイルされ、Jetson TK1にインストールされます。

インストールが完了したらさっそくサンプルを実行してみましょう。
SSHで接続し、下記のコマンドを実行します。

ubuntu@tegra-ubuntu:~$ NVIDIA_CUDA-6.5_Samples/bin/armv7l/linux/release/gnueabihf/deviceQuery

以下のように、CUDAデバイスの情報が表示されます。

NVIDIA_CUDA-6.5_Samples/bin/armv7l/linux/release/gnueabihf/deviceQuery Starting...

 CUDA Device Query (Runtime API) version (CUDART static linking)

Detected 1 CUDA Capable device(s)

Device 0: "GK20A"
  CUDA Driver Version / Runtime Version          6.5 / 6.5
  CUDA Capability Major/Minor version number:    3.2
  Total amount of global memory:                 1743 MBytes (1827323904 bytes)
  ( 1) Multiprocessors, (192) CUDA Cores/MP:     192 CUDA Cores
  GPU Clock rate:                                852 MHz (0.85 GHz)
  Memory Clock rate:                             924 Mhz
  Memory Bus Width:                              64-bit
  L2 Cache Size:                                 131072 bytes
  Maximum Texture Dimension Size (x,y,z)         1D=(65536), 2D=(65536, 65536), 3D=(4096, 4096, 4096)
  Maximum Layered 1D Texture Size, (num) layers  1D=(16384), 2048 layers
  Maximum Layered 2D Texture Size, (num) layers  2D=(16384, 16384), 2048 layers
  Total amount of constant memory:               65536 bytes
  Total amount of shared memory per block:       49152 bytes
  Total number of registers available per block: 32768
  Warp size:                                     32
  Maximum number of threads per multiprocessor:  2048
  Maximum number of threads per block:           1024
  Max dimension size of a thread block (x,y,z): (1024, 1024, 64)
  Max dimension size of a grid size    (x,y,z): (2147483647, 65535, 65535)
  Maximum memory pitch:                          2147483647 bytes
  Texture alignment:                             512 bytes
  Concurrent copy and kernel execution:          Yes with 1 copy engine(s)
  Run time limit on kernels:                     No
  Integrated GPU sharing Host Memory:            Yes
  Support host page-locked memory mapping:       Yes
  Alignment requirement for Surfaces:            Yes
  Device has ECC support:                        Disabled
  Device supports Unified Addressing (UVA):      Yes
  Device PCI Bus ID / PCI location ID:           0 / 0
  Compute Mode:
     < Default (multiple host threads can use ::cudaSetDevice() with device simultaneously) >

deviceQuery, CUDA Driver = CUDART, CUDA Driver Version = 6.5, CUDA Runtime Version = 6.5, NumDevs = 1, Device0 = GK20A
Result = PASS

雑感

まだ触り始めたばかりですが、OSが普通のUbuntuなので非常に開発しやすい感がありますね!

tnayuki
小規模なIT企業にてCTOをしております。しておと呼んでください。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした