Git
GitHub
GitBucket

GitのRemote名変更(メモ)

Remoteの追加

下記でoriginに、http://xxxxxx/yyy.git を登録することで、pushをするときに、git push origin masterなどとすることで、GitHubなどに登録することができる。そうでなければ、毎回URLを打つ必要がある。便利ですね。

git remote add origin http://xxxxxx/yyy.git

登録URLの変更

git remote set-url origin http://zzzzz/wwww.git

Remote名の変更

git remote rename origin newone

originからnewoneに名前を変更

Remoteの削除

git remote rm origin

originを削除

全てのRemoteを表示

git remote

全てのRemoteの詳細を表示

git remote -v

特定のRemoteの超詳細を表示

git remote origin

Remote Trackingを表示

git branch -vv

追記

Remote Tracking Branch(追跡ブランチ)の方法
git checkout --track origin/develop(とか)  #ブランチ作成時、ブランチ名は同じ
git checkout -b new_name origin/develop(とか)   #ブランチ作成時、ブランチ名指定
git branch --set-upstream-to origin/develp(とか)  #ブランチがすでにあり、あとから追跡する時

Remote Branchの削除

無事マージされたら、リモートブランチが不要になったら、削除してあげるのは人情かもしれませんね。ローカルもいらないかもしれません。
どんどん増えていきますから。下記コマンドで、削除してあげましょう。GitHubとかだったら、GUI画面で削除するかもしれませんね。

git push origin :削除したいbranch

コロン(:)の前は、空白です。これは、「こっちの (何もなし) で、向こうの [削除したいbranch] を更新しろ」と言っていることになります。なので、消えてしまうわけです。 git push -D とかでもできますよ。

参考
5 Git のブランチ機能 - リモートブランチ