Edited at

[Raspberry Pi 3 Model B ] ラズパイでテレビをディスプレイ代わりに利用する方法

More than 1 year has passed since last update.

これまでラズパイはヘッドレス環境で利用していましたが、どうしてもヘッドレス環境でMinecraftが動作せず、やむを得ずディスプレイ+キーボードを接続することにしました。

ただ、ディスプレイ単体が家に無かったのでHDMIを搭載しているテレビに画面を出力できるか試しました。


今回の環境

・テレビ(SONY ブラビア Xシリーズ(KDL-40X5000))

・Raspberry Pi 3 Model B

・USBキーボード

・HDMI-HDMIケーブル(今回はGreenHouse GH-YHD10-BK HDMIケーブルを購入しました)

・MicroSD16GBとMicroSDAdapter(今回はSONYのもの、microSDHC、90MB/s)

・USB充電アダプター(Raspberry Pi 3 専用)


/boot/config.txtの編集

ラズパイの起動時の設定は/boot/config.txtを編集すればよさそうです。


hdmi_group

hdmi_groupには1か2を設定するとのこと。

1か2の違いは、CEAとDMTのどちらの規格かとういうことで(CEA=1、DMT=2)、CEAはTV出力をするとき、DMTはPC用ディスプレイに出力するときに設定する、ということのようです。

今回はテレビに接続したいので、hdmi_group=1で設定します。


/boot/config.txt

# uncomment to force a specific HDMI mode (this will force VGA)

hdmi_group=1


hdmi_mode

hdmi_modeは解像度とフレームレートによって決まるようなので、30/60/120Hzの間で1080pを選択すればよいとの事かと思い、hdmi_mode=16にしてみました。

config.txt


These values are valid if hdmi_group=1 (CEA):

hdmi_mode resolution frequency notes

1 VGA (640x480)

2 480p 60Hz

3 480p 60Hz 16:9 aspect ratio

4 720p 60Hz

5 1080i 60Hz

6 480i 60Hz

7 480i 60Hz 16:9 aspect ratio

8 240p 60Hz

9 240p 60Hz 16:9 aspect ratio

10 480i 60Hz pixel quadrupling

11 480i 60Hz pixel quadrupling, 16:9 aspect ratio

12 240p 60Hz pixel quadrupling

13 240p 60Hz pixel quadrupling, 16:9 aspect ratio

14 480p 60Hz pixel doubling

15 480p 60Hz pixel doubling, 16:9 aspect ratio

16 1080p 60Hz

17 576p 50Hz

18 576p 50Hz 16:9 aspect ratio

19 720p 50Hz

20 1080i 50Hz

21 576i 50Hz

22 576i 50Hz 16:9 aspect ratio

23 288p 50Hz

24 288p 50Hz 16:9 aspect ratio

25 576i 50Hz pixel quadrupling

26 576i 50Hz pixel quadrupling, 16:9 aspect ratio

27 288p 50Hz pixel quadrupling

28 288p 50Hz pixel quadrupling, 16:9 aspect ratio

29 576p 50Hz pixel doubling

30 576p 50Hz pixel doubling, 16:9 aspect ratio

31 1080p 50Hz

32 1080p 24Hz

33 1080p 25Hz

34 1080p 30Hz

35 480p 60Hz pixel quadrupling

36 480p 60Hz pixel quadrupling, 16:9 aspect ratio

37 576p 50Hz pixel quadrupling

38 576p 50Hz pixel quadrupling, 16:9 aspect ratio

39 1080i 50Hz reduced blanking

40 1080i 100Hz

41 720p 100Hz

42 576p 100Hz

43 576p 100Hz 16:9 aspect ratio

44 576i 100Hz

45 576i 100Hz 16:9 aspect ratio

46 1080i 120Hz

47 720p 120Hz

48 480p 120Hz

49 480p 120Hz 16:9 aspect ratio

50 480i 120Hz

51 480i 120Hz 16:9 aspect ratio

52 576p 200Hz

53 576p 200Hz 16:9 aspect ratio

54 576i 200Hz

55 576i 200Hz 16:9 aspect ratio

56 480p 240Hz

57 480p 240Hz 16:9 aspect ratio

58 480i 240Hz

59 480i 240Hz 16:9 aspect ratio


参考:

 ウィキペディア_HDMI


hdmi_force_hotplug

コンポジットではなく強制的にHDMIから出力する設定のようです。

この設定をコメントアウトしているとHDMIがささっていない場合は、コンポジットビデオ接続されるようですが、特にアナログテレビなどに出力する予定はないので、hdmi_force_hotplug=1で設定しておきます。


設定パラメータまとめ


/boot/config.txt

hdmi_group=1

hdmi_mode=16
hdmi_force_hotplug=1


動作確認

設定後、一度ラズパイをシャットダウン(電源ケーブルを抜線)し、HDMIケーブルをテレビとラズパイ間で結線します。

その後、ラズパイの電源をON(電源ケーブルを差す)と、自動的にテレビも起動するのでラズパイのデスクトップ画面が表示されれば成功です。


参考

Raspberry Pi 解像度設定メモ

config.txt