AWS
Ethereum
ubuntu16.04

AWS EC2のUbuntuにWindowsからリモートデスクトップで接続し、Ganacheを起動する手順

やりたいことはこちら

  • AWS EC2のUbuntu 16.04に、ローカルのWindows 7からリモートデスクトップで接続する
  • Ganacheを起動する

参考: https://aws.amazon.com/jp/premiumsupport/knowledge-center/connect-to-ubuntu-1604-windows/

まずは、Ubuntuでリモートデスクトップが使えるように設定していきます

EC2インスタンスの設定

TeraTerm等のターミナルからインスタンスにSSH接続して設定をします

パスワードでログインできるように設定

$ sudo vi /etc/ssh/sshd_config 

---------
# 以下のように編集
PasswordAuthentication no
 ↓
PasswordAuthentication yes
---------

# ssh再起動
$ sudo /etc/init.d/ssh restart

# リモートデスクトップのログインに使うパスワードを設定します
# 推測されやすいものにしないように注意
$ sudo passwd ubuntu

デスクトップ表示に必要なパッケージをインストール

$ sudo apt install xrdp xfce4 xfce4-goodies tightvncserver

# いろいろ設定を変更
$ echo xfce4-session> /home/ubuntu/.xsession
$ sudo cp /home/ubuntu/.xsession /etc/skel

$ sudo vi /etc/xrdp/xrdp.ini

# 以下のように編集
---------
 [xrdp1]
port=-1
 ↓
 [xrdp1]
port=ask-1
---------

$ sudo vi /etc/xrdp/startwm.sh

# 以下のように編集
---------
. /etc/X11/Xsession
 ↓
startxfce4
#. /etc/X11/Xsession
---------

# xrdp再起動
$ sudo service xrdp restart

EC2コンソールでポートを開放

RDPポートを開放するために、AWSのEC2コンソールを表示してセキュリティグループの設定を変更します。
開放するポート番号は 3389 です。

インスタンスを選択し、セキュリティグループをクリックします。
「インバウンド」を以下のように編集し、3389ポートでアクセスできるようにします。
WS000299.JPG



ここまででインスタンスの設定は終わりになります。

リモートデスクトップで接続しましょう

ここからはWindows 7で操作していきます

リモートデスクトップでインスタンスに接続します
WS000298.JPG

usernameはubuntu、パスワードは先ほど設定したものを入力します
ポート番号は-1のままで、OKを押します
WS000293.JPG

デスクトップが表示されました!
WS000294.JPG

せっかくなのでアプリケーションを起動してみます

ここからは、リモートデスクトップで操作していきます
GanacheというEthereumのウォレットを起動してみることにします

ブラウザを起動し、Ganacheをダウンロードします
http://truffleframework.com/ganache/
WS000295.JPG

ターミナルを開き、実行権限を付与しておきます

chmod a+x ~/Downloads/ganache-1.0.2-x86_64.AppImage

ファイルマネージャで、ファイルをダブルクリックします
WS000296.JPG

Ganacheが起動しました
WS000297.JPG


ここまで、以下の手順についての説明でした。

  • AWS EC2のUbuntu 16.04に、ローカルのWindows 7からリモートデスクトップで接続する
  • Ganacheを起動する