Help us understand the problem. What is going on with this article?

Raspberry Pi用docker-composeの構築 (1.25.0以降)

個人用のホームページを作成しました。今後は、そちらの方に整理していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

2021/01/21 Raspberry Pi用docker-composeの構築(1.28.0)

新しいホームページの方に、昨日(2021/01/20)に公開されたdocker-compose 1.28.0についての記事を書かせていただきました。

Raspberry Pi用docker-composeの構築 (1.25.0以降)

docker-compose のバージョン 1.24.1 の頃までには、以下の記事を書いていました。ところが最新の 1.25.0 ではビルド方法が様変わりしていますので、別記事として書くことにしました。

一昨日に、docker-compose の 1.25.0 が公開されました。

このバージョンでも Raspberry Pi用のバイナリは提供されていません。ただし、以前のバージョンとは違いマルチプラットフォーム用の Dockerfileビルド用のスクリプト を使うことで、簡単にラズパイ 用の docker-compose をビルドすることができます。

以下、ラズパイ用の docker-compose をビルドする手順をまとめてみます。

1. docker-compose をクローン

github.com から docker-compose をクローンします。現在の最新版は 1.25.0 ですから、checkout しておきます。

$ git clone https://github.com/docker/compose.git
$ cd compose
$ git checkout 1.25.0

2. docker-compose をビルド

ビルド用のスクリプトで docker-compose をビルドします。

$ ./script/build/linux

これだけで、マルチプラットフォームに対応したそれぞれのバイナリをビルドすることができます。

ビルドに成功していれば、dist ディレクトリに docker-compose のバイナリができていますので実行してバージョンを確認してみます。

$ cd dist
$ ./docker-compose-Linux-armv7l version
docker-compose version 1.25.0, build 4038169d
docker-py version: 4.1.0
CPython version: 3.7.4
OpenSSL version: OpenSSL 1.1.0l  10 Sep 2019

ビルドした OS の環境に合わせて docker-compose のファイル名が変わってきます。ラズパイの場合は Linux-armv7l となっています。

3. docker-compose のバイナリをコピー

出来上がった docker-compose のバイナリをコピーしておきます。

$ sudo cp docker-compose-Linux-armv7l /usr/local/bin/docker-compose
$ cd /usr/local/bin
$ sudo chown root:root docker-compose
$ sudo chmod 755 docker-compose

バージョン 1.24.1 までの頃を考えると、非常に簡単にビルドできるようになりました。

以上です。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away