Edited at

Real-Time Combined 2D+3D Active Appearance Models

More than 3 years have passed since last update.


Real-Time Combined 2D+3D Active Appearance Models

2Dと3Dを組み合わせたリアルタイムなAAM


概要


  • AAMは顔画像のモデル化に用いられる生成モデルである

  • 他に関係している顔のモデルは3DMMがある

  • AAMは2Dであるが,様々な方向に動く顔のような3Dの現象のモデル化にもまだ使われる

  • 一つ目の研究はAAMの表現能力であり,3DMMがなんでもモデル化することができることを示した.しかし,どうしてもたくさんの形状パラメータが必要になる.

  • パラメータがいくらいるのか測定した.そして,2DAAMは3DMMと同等ではないモデを生成することを示した.

  • そして,モーションからの非剛体構造アルゴリズムが2DAAMの対応する3D形状を構築するためにどのように使われるかを示した.

  • その後,3DモデルがAAMを拘束するためにどのように使われるかを示し,そしてそれは3Dモデルを生成することができるモデルのみを生成する

  • 最終的に制限の強制と"Combine 2D+3D AAM"と呼ばれるものを生成しながらリアルタイムにAAMにFittingするアルゴリズムを提案する.