Help us understand the problem. What is going on with this article?

文字列のベクトルの検索や比較 grep( )辺り

More than 5 years have passed since last update.

文字列からなるベクトルstringがあり、ある要素patternがそのベクトルに含まれているかを知りたい。検索したい。

grep( )

grep(pattern,x)関数を使うと、ある文字列patternxで指定されたstringから検索する。

grep(x=c("美しい","日本","の"),pattern="美")
[1] 1

xの1つめの要素"美しい"だけが、patternとマッチ

引数xには文字列のベクトルをとることができるが、patternにベクトルを指定すると、
引数 'pattern' は 1 を超える長さなので、最初の要素だけが使われますというエラーメッセージがでる。

match( )

patternに複数の要素を含むことができる。
match(pattern,string)で、完全一致で検索する。
match(c("美しい","国"),c("美しい","日本","の","美しい"))
[1] 1 NA

一致した最初の要素が何番目かを返す。string[1]に一致しているが、[4]は無視。

charmatch( )

文字列がアルファベットだと部分一致で判断する。

charmatch(pattern,string)で、部分一致で検索する。
charmatch(c("m","med","n"), c("mean", "median", "mode"))
[1] 0 2 NA

pattern[1]のmは複数ヒットしているので、0になってしまう。

str_detect( )

library(stringr)str_detect(string,pattern)関数は、stringpatternの要素数が同数なら、patternにベクトルを使える。
同数でないときは、patternの最初の要素が使われる。
ベクトルの要素同士で、部分一致しているかどうかの判断ができる。

str_detect(c("美しい","日本","の"),c("美","日本","国"))
[1] TRUE TRUE FALSE

is.element( )の場合

ベクトルの要素同士で、完全一致で比較する。%in%でも同じ。
is.element(pattern,string)
is.element(c("美しい","日本","の"),c("美","日本","国"))
[1] FALSE TRUE FALSE

まとめ。

grep( )patternとなる要素が1つの時、部分一致で検索。
match( )patternとなる要素が複数の時、完全一致で検索。
charmatch( )patternとなる要素が複数の時、部分一致で検索
is.element( )patternとなる要素が複数の時、完全一致で検索。
str_detect( )patternとなる要素が1つの時か、patternstringの要素の数が同数の時、部分一致で検索。

pmatch( )は宿題。
stringrパッケージには、他にも関数がある。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away