Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

chrome.identity を使ってChrome拡張でもOAuthのAPIを使う

More than 1 year has passed since last update.

例としてQiitaのAPIを使う。

まずはOAuthのリダイレクト先のURLの項目をhttps://{拡張機能のID}.chromiumapp.orgで登録しておく。
IDは拡張機能の画面で確認することができる。

extension.png

extension_qiita.png

次にOAuthの認可画面を表示するコードを書く。

chrome.launchWebAuthFlow({
  url: `https://qiita.com/api/v2/oauth/authorize?client_id=${clientId}&scopes=read_qiita&state=${適当な文字列}`,
  interactive: true
}, responseUrl => {
  // 後述
})

chrome.launchWebAuthFlowでユーザーを認可用のページにアクセスさせることができる。

interactivetrueにするとユーザーから認可を取得していない場合は認可用のページを表示、取得済みの場合はなにもせずコールバックを呼ぶという処理になる。

次にコールバック内の処理。

chrome.identity.launchWebAuthFlow({
  // 省略
}, responseUrl => {
  let url = new URL(responseUrl)
  let code = url.searchParams.get("code")

  fetch("https://qiita.com/api/v2/access_tokens", {
    method: "post",
    headers: {
      "Content-Type": "application/json",
    },
    body: JSON.stringify({
      client_id: clientId,
      client_secret: clientSecret,
      code: code
    })
  }).then(res => res.json())
    .then(json => {
      let token = json["token"] // アクセストークン取得
    })
})

responseURLのGETパラメーターにcodeが入っている。

それをアクセストークン取得のAPIにClientIdとClientSecretと一緒に送るとアクセストークンが取得できる。

tkt989
AndroidやiOSでアプリを作っています 仕事は加えてWeb系もしてます
http://profile.tkt989.info
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away