Help us understand the problem. What is going on with this article?

困ったときのLinuxコマンド

More than 1 year has passed since last update.

アプリケーションエンジニアがサーバー管理することになって四苦八苦した痕跡を残します。

基本

コマンド 説明
sudo su rootに切り替え
mkdir -p 親DIR/子DIR/孫DIR ディレクトリ作成
-p:階層を(存在しなければ)一気につくる
詳細
rm -rf DIR 削除
-r:サブディレクトリ含む, -f:確認なし
mv 元DIR 先DIR 移動
先DIR/元DIRの形で置かれる
cp -ru 元DIR 先DIR コピー
-r:サブディレクトリ含む, -u:新しいファイルのみ
chown -R USER:GROUP DIR オーナー変更
詳細
chmod -R 777 DIR 権限変更
Permission一覧
ls -laR ファイル一覧
-l:リスト形式, -a:.も表示, -R:サブディレクトリ含む
ll ls -l のエイリアス
参照
cat -n ファイル内容表示
-n:行番号
less ファイル ファイル閲覧
コマンドGで最終行, qでEXIT
詳細
vi ファイル ファイル編集
i:で入力モード, Escでコマンドモード, :wで書き込み, :qで閉じる, :wqで上書き保存
find ディレクトリ/* -size +1M -ls 検索
例はサイズ条件
ln -s ディレクトリ リンク シンボリックリンク
reboot 再起動
shutdown -r now と同じ。
参考

ZIP

コマンド 説明
tar -zcvf xxxx.tar.gz ディレクトリ 圧縮
tar -zxvf xxxx.tar.gz 解凍

状態監視

コマンド 説明
top プロセス監視:CPU使用率降順
ps aux プロセス一覧
pidof -x プロセス プロセスID一覧
df -h ディスク使用量
-h:単位最適化
du -s[k/m] ディレクトリ/* | sort -nr | head -5 ディレクトリ以下の使用量上位5件
-s:単位
free メモリ使用量
vmstat 間隔 回数 メモリ/CPU状況
watch -n1 "コマンド" 監視
-n:更新間隔(秒)

パイプライン

コマンド 説明
コマンド | grep -e xxx -e yyy コマンド結果に対してgrep
-e:or条件
コマンド | grep xxx | grep yyy コマンド結果に対してgrep
and条件
コマンド1 || コマンド2 1結果false時に2実行
コマンド & バックグラウンド実行

WEB

コマンド 説明
service httpd restart Apache再起動
reloadなら停止せず設定変更反映
php -r "echo date('Y-m-d');" PHPコマンド実行

ディスク

コマンド 説明
lsscsi 接続されているディスク一覧
sudo -i blkid マウントされたディスクのUUID一覧
mount /ディスクファイル /サーバーdir マウント

ネットワーク

コマンド 説明
netstat -na 接続状態確認
lsof -i -n -P ポート利用しているプロセス
lsof -i:ポート番号 指定したポートを利用しているプロセス
tcpdump port ポート番号 指定したポートの通信監視
tcpdump port ポート番号 -s 0 -w ./tcpdump.cap ファイルに出力
tcpdump -r ./tcpdump.cap ファイル閲覧
tksnino
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした