Edited at

オレオレyumリファレンス(目的別)

More than 1 year has passed since last update.

{toc}


インストール編


パッケージを検索する

インストール可能なパッケージを探し出せるが、詳細な情報はわからないので、

yum info {package_name}と合わせ技で使うことが多い。

yum search {keywords}


指定したパッケージの詳細情報を確認する

パッケージ名はyum search {keywords}などで調べるとよい。

yum info {package_name}


インストール済みパッケージのパッケージ名を調べる

インストール済みなのはわかっているけど、正確なパッケージ名を忘れたときによく使う。

どのリポジトリからインストールしたかわからなくなったときにも使える。

yum list installed | grep {keywords}

{keywords} にはパッケージ名と思しきキーワードを入れてる。


利用可能なリポジトリ一覧を取得する

/etc/yum.repos.d/***.repo 内に定義されているリポジトリを一覧表示する。

yum repolist all


指定したリポジトリからパッケージをインストールする

yum --enablerepo={repo_id} install {package_name}


パッケージを直接ダウンロードしてインストールする

例: karnel-develを直接ダウンロードしてインストールする

yum install http://vault.centos.org/6.4/os/x86_64/Packages/kernel-devel-2.6.32-358.el6.x86_64.rpm


削除編


パッケージの削除をテストする(dry run的な)

--nodepsとか--noscriptsオプションを使って削除するときは事前に試しておくとよい。

また-vvオプション(verboseオプション)をつけると削除時のrpmコマンドの挙動が細かく追えるのでオススメ。

rpm -evv --test {package_name}


依存性を確認せずにパッケージを削除する

yum removeは削除時にそのパッケージが依存している他のパッケージも一緒に削除してくれるけど、

削除される依存パッケージが、全く別のパッケージからも依存されてるから消したくない!って時に使う。

ex) mysqlは削除したいけど、mysql-develは他からも依存されてるから一緒に消したくない

rpm -e --nodeps {package_name} 


指定したパッケージをとにかく削除する

アンインストール時の前後に実行するスクリプトを実行せずにパッケージを削除する。

yum remove {package_name}rpm -e {package_name}が失敗するときに検討してみる。

あまり安全な方法ではないので、事前に--testなどで安全性を検証した上で実行すべき。

rpm -evv --noscripts {package_name}


参考文献