angular
Infragistics
igniteUI

ng add で始める Ignite UI for Angular

2018/12/04(Wed) 時点の情報に基づいています


ng add を使った超簡単な方法

Ignite UI for Angular は v7.0.2 で ng add に対応したので、初期セットアップがとても楽になりました。

https://github.com/IgniteUI/igniteui-angular/releases/tag/7.0.2


新規プロジェクトから始める

これから初めてアプリケーションを作ろうという人はこちら。

ng new my-app --style=scss

cd my-app
ng add igniteui-angular

たった3行で完了です!


既存プロジェクトから始める

既に作った、あるいは、作りかけのアプリケーションがある人はこちら。

cd existing-app

ng add igniteui-angular

たった2行で完了です!


エラーが出る場合

Windows 環境で確認している事象ですが、以下のエラーメッセージが表示されることがあります。


The package that you are trying to add does not support schematics. You can try using a different version of the package or contact the package author to add ng-add support.


その場合、明示的に最新バージョンを指定することで解消できます。

ng add igniteui-angular@latest

or
ng add igniteui-angular@7.0.2


プロジェクトに追加した際の注意点

nd add を行なった場合、以下のファイルに変更が入りますが、

- package.json

- angular.json

- src/index.html

- src/app/app.module.ts

特に angular.json の変更に注意が必要です。

  "scripts": [

"./node_modules/hammerjs/hammer.min.js"
]

HammerJSscripts オプションに追加していますが、これが問題となることがあります。

例えば、Angular Material など、HammerJS への依存があるパッケージを使用している場合、main.tspollyfill.ts などで既に import している場合があると思います。それだと二重でバンドルされてしまうことになるので import を削除するか、あるいは scripts の方を削除してください。


igx-grid を表示してみよう

セットアップが爆速で完了したので、何か表示してみたいと思います。 Ignite UI for Angular の目玉のグリッドコンポーネントである igx-grid でやってみます。


  • src/app/app.module.ts

  • src/app/app.component.ts

  • src/app/app.component.html

に手をいれます。


app.module.ts

import { BrowserModule } from '@angular/platform-browser';

import { NgModule } from '@angular/core';

import { AppComponent } from './app.component';
import { BrowserAnimationsModule } from '@angular/platform-browser/animations';

// igx-grid を使うためにモジュールを import
import { IgxGridModule } from 'igniteui-angular';

@NgModule({
declarations: [
AppComponent
],
imports: [
BrowserModule,
BrowserAnimationsModule,
// ココ
IgxGridModule
],
providers: [],
bootstrap: [AppComponent]
})
export class AppModule {}



app.component.ts

import { Component } from '@angular/core';

@Component({
selector: 'app-root',
templateUrl: './app.component.html',
styleUrls: ['./app.component.css']
})
export class AppComponent {
// データを用意
data = Array.from({ length: 1000 }).map((_, i) => {
const item = { id: i + 1 };
Array.from({ length: 99 }).forEach((__, j) => {
item[`column${j + 1}`] = j + 1;
});
return item;
});
}



app.component.html

<div style="width: 100vw; height: 100vh; padding: 16px;">

<!-- データのバインド -->
<!-- 列定義はデータから自動生成 -->
<igx-grid [data]="data" [autoGenerate]="true"></igx-grid>
</div>

はい、出来上がりです!本当に簡単です!

image.png


Ignite UI for Angular が気になった方はこちら

デモサイトで様々なサンプルを試すことができますので色々試してみてください!

https://jp.infragistics.com/products/ignite-ui-angular/angular/components/grid_virtualization.html