Help us understand the problem. What is going on with this article?

Oracle Database 導入編

More than 1 year has passed since last update.

Oracle Database

現場でOracle使ってるので、勉強がてらまとめてみました。

Oracle Databaseは有償のRDBMSです。実際にシステムに導入する場合はお金払って購入する必要がありますが、個人の学習用に無償でダウンロードできるのて、実際に自分のPCにインストールしてちょこちょこいじってみました。

Oracle Database ダウンロード

Oracle DatabaseはOracleの公式技術情報サイトからダウンロードできます。

公式技術情報サイト

その際に
・Oracle.comのユーザー登録
・OTNライセンス同意書への同意※
の2点が必要となります。
※OTNライセンスとは、自社内または個人でのアプリ開発やテスト、デモンストレーション等の目的であれは無償で使える限定ライセンスです。詳細は公式サイトを参照。

image.png
ライセンスに同意するにチェックを入れるとダウンロード可能になります。

image.png

今回は「Oracle Database 12c Release 2」をインストールしてみます。
image.png

ダウンロードしたら任意のフォルダに解凍して、その中の「setUp.exe」を管理者として実行します。
image.png

コマンドプロンプトの画面が表示された後に
image.png
インストーラーが起動します。
最初の画面ではセキュリティ関連の情報を受け取るメールアドレスの登録を促されますが、ここは必須ではないです。
image.png
チェックを外して進むと警告が出ますが、そのままインストールを進められます。

続いてインストール・オプションの選択
image.png
データベースの作成も同時にできますが、今回はいろいろ操作してみることが目的なので、ソフトウェアのインストールのみにします。

データベース・インストール・オプションの選択
image.png
ここは単一インスタンス・データベースのインストール。

データベース・エディションの選択
image.png
せっかくなのでEnterprise Editionを選択

ホーム・ユーザーの指定
image.png
ここは仮想アカウントの使用を選択

インストール場所の指定
image.png
ここは任意のフォルダにしましょう。

インストール構成と環境が要件を満たしてるかチェックしてくれます(やさC)
image.png

インストール構成のサマリー(概要)がこちら
image.png

そいでもってインストール開始
image.png

インストール完了!
image.png
とりあえず今回はここまで。
次はsqlplusを使っていろいろいじりたいと思います。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした