Edited at

SwiftのWebフレームワークSlimaneをインストールする

More than 3 years have passed since last update.


はじめに

Swiftがオープンソースになった事で、Android用アプリをSwiftでかけるように(なりそう!)なったり、Web開発をSwiftで行えるように(なりそう!)なったりしていますね。

私は、Swiftでアプリを作った事は無いし、4月辺りに初めて触った者ですが、Node.jsに似た作りになっているWebフレームワークSlimaneに興味を持ったのでとりあえず、インストールしてみました。

Swiftのバージョンアップは1周間に何度も行われるくらいの頻度です。

言語仕様の変化が激しいので、Slimane含めSwiftのWebフレームワークも激しく更新されますのでまだまだ試用段階だと思って下さい。

※この記事はSlimaneインストールガイドの日本語訳です。


Ubuntu

1.Swiftの導入

wget https://swift.org/builds/development/ubuntu1404/swift-DEVELOPMENT-SNAPSHOT-2016-05-09-a/swift-DEVELOPMENT-SNAPSHOT-2016-05-09-a-ubuntu14.04.tar.gz

tar xzvf swift-DEVELOPMENT-SNAPSHOT-2016-05-09-a-ubuntu14.04.tar.gz
echo "PATH=/your/path/to/swift-DEVELOPMENT-SNAPSHOT-2016-05-09-a-ubuntu14.04/usr/bin:$PATH" >> ~/.bashrc

~/.bashrc
swift -v

2.Slimaneの導入

# Install build tools and libssl-dev

sudo apt-get upgrade
sudo apt-get install build-essential libtool libssl-dev
sudo apt-get install automake clang

# build and install libuv

git clone https://github.com/libuv/libuv.git && cd libuv
sh autogen.sh
./configure
make
make install

# build and install hiredis
git clone https://github.com/redis/hiredis && cd hiredis
make
make install

ビルド

# If you have the old build, need to run

# make clean

make


Mac OSX

1.Swiftの導入

https://swift.org/builds/development/xcode/swift-DEVELOPMENT-SNAPSHOT-2016-05-09-a/swift-DEVELOPMENT-SNAPSHOT-2016-05-09-a-osx.pkg

パッケージをインストール

swift -v

2.Slimaneの導入


Package.swift

import PackageDescription

let package = Package(
name: "SlimaneApp",
dependencies: [
.Package(url: "https://github.com/noppoMan/Slimane.git", majorVersion: 0, minor: 4)
]
)


brew

brew install libuv openssl hiredis

brew link libuv --force
brew link openssl --force
brew link -f hiredis

ビルド

# If you have the old build, need to run

# make clean

make


デバック・テスト

make debug

make test

これをやったからと言って何もできないので、近い内にSlimaneに公開されているExampleアプリを実際に起動させてみたいと思います。