Posted at

Kindle fire上で動くtermuxのvimでskk日本語入力をする

Kindle fireでtermuxを使うとCUIが使えて楽しいのだけれども,標準状態だと日本語入力ができない.全部英語で書けば解決しそうだがせっかくなのでskkを入れて日本語を打てるようにしたい.


プラグインのインストール

deinを使ってるのでtomlファイルに欲しいものを書く.

[[plugins]]

repo = 'tyru/skk-vim'

[[plugins]]
repo = 'vim-jp/autofmt'

tyru/skk-vimがメインのskkしてくれる子.vim-jp/autofmtは日本語の整形をしてくれる子らしい(具体的に何をしてるか知らない).

Vimを立ち上げ直すとインストールが始まるので待つ.


skk辞書を入れる

とりあえずlarge辞書入れればいいと思った.

まず辞書ファイルをダウンロード,その後解凍.辞書ディレクトリを作ってそこに置く.

$Curl openlab.jp/skk/dic/SKK-JISYO.L.gz -o SKK-JISYO.L.gz

$gzip -d SKK-JISYO.L.gz
$mkdir .skk-dic
$mv SKK-JISYO.L .skk-dic/SKK-JISYO.L


辞書ファイルの文字コードを変更

ダウンロードした辞書ファイルをそのまま使おうとすると漢字への変換が上手くいかない.そのため辞書ファイルの文字コードを変更する.

実際にSKK-JISYO.Lをvimで開いて

:set fenc?

を叩くとeuc-jpと帰ってくる.これをutf-8にしたい.

SKK-JISYO.LからSKK-JISYOutf-8.Lみたいな名前のコピーを作ってからvimのコマンドラインで

:set fenc=utf-8

をすると上手くいく.


.vimrcの設定

必要なものが揃ったので.vimrcに色々書き込んでいく.

"skk-vim options

let g:skk_large_jisyo = '~/.skk-dic/SKK-JISYOutf-8.L'
let g:skk_egg_like_newline=1

"autofmt option
set formatexpr=autofmt#japanese#formatexpr()

skk_large_jisyoに辞書ファイルの場所を入れてあげる.skk_egg_like_newlineを1にすると入力確定時のenterキーによる改行を無視してくれる.set formatexpr=autofmt#japanese#formatexpr()はautofmtによる日本語整形機能の有効化させる.


おわり

これで日本語入力できるようになりました.やったね.

まぁ英語で書いた方が楽なんですけどね.


参考ページ

skk.vim を導入しました | だえもんのブログ

Vim のすゝめ - Vim と日本語 | 株式会社創夢 — SOUM/misc