Help us understand the problem. What is going on with this article?

【Unity】簡単なセーブとロードの方法

セーブ方法

Unityでセーブorロードを実現するのであれば一番楽なものはPlayerPrefsが最も楽だと思います。
Unity PlayerPrefsのリファレンス

Save.cs
        PlayerPrefs.SetInt("HP" , 10);
        PlayerPrefs.SetFloat("MP" , 10.0f);
        PlayerPrefs.SetString("名前","Unityちゃん");

PlayerPrefsでセーブをするにはこのように記述します。

Setする型 セーブデータの名前
Int HP 10
Float MP 10.0f
String 名前 Unityちゃん

int型のHPという名前の箱に10という値を保存
float型のMPという名前の箱に10.0fという値を保存
string型の名前という名前の箱にUnityちゃんという値を保存

注意

SetInt SetFloat SetStringは加える[+=]のではなく上書き[=]で保存されるので場合によっては

test.cs
//HP保存されていた値に+10して保存
PlayerPrefs.SetInt("HP",PlayerPrefs.GetInt("HP")+10);

このように記述しなければいけなくなります。
(他にも色々と方法はありますが今はこれで…)

ロード方法

先ほど保存したHP MP 名前を呼び出したいと思います。

Load.cs
        PlayerPrefs.GetInt("HP");
        PlayerPrefs.GetFloat("MP");
        PlayerPrefs.GetString("名前");

これで先ほど保存したHP(10) MP(10.0f) 名前(Unityちゃん)を取得することができます。

Getする型 セーブデータの名前 保存されていた値
Int HP 10
Float MP 10.0f
String 名前 Unityちゃん

PlayerPrefsで呼び出せるもの

自己解釈した内容で書きます。
ちゃんとした内容が見たい人はこちらから(Unity PlayerPrefsのリファレンス)

PlayerPrefs. 内容
SetInt 設定した名前に対する値を保存します
SetFloat 設定した名前に対する値を保存します
SetString 設定した名前に対する値を保存します
GetInt 設定した名前が存在すれば値を取得します
GetFloat 設定した名前が存在すれば値を取得します
GetString 設定した名前が存在すれば値を取得します
DeleteKey 設定した名前が存在すればそのデータを削除します
DeleteAll すべてのセーブデータを削除
HasKey 設定した名前のデータがあるか確認します
Save 使ったことないのでわからないです…
tilyakuda
UnityとC#を中心に勉強しています、UE4も少しだけ触れます。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした