Posted at

pikの替わりにuru~windowsで複数バージョンのrubyを切り替える~

More than 5 years have passed since last update.


はじめに

Windowsで複数バージョンのRubyを切り替えるツールのpikPowerShellでは動作せず困っていました。

pikは長い間メンテナンスされていないようです。

回避方法として、Rubyのバージョンを切り替える際は、都度Rubyのbinにパスを通していましたが、非常に不便でした。

そこで、代替ツールを探していたところ、同様な機能を持つuruを発見しました。

以下、インストール手順や使い方についてまとめます。


環境


  • Windows7 Professional SP1

  • PowerShell 3.0

  • uru-0.7.5-windows-x86


インストール手順


  1. C:\toolsディレクトリを作成


  2. ダウンロードページより、圧縮ファイルをダウンロード

  3. 圧縮ファイルを解凍したuru_rt.exeを、C:\toolsに配置

  4. 環境変数PATHにC:\toolsを追加

  5. コマンド実行

cd C:\tools

uru_rt admin install


使い方


  • Ruby処理系のインストール


    • pikやrbenvのようなインストール機能はない。

    • 別途、RubyInstaller for Windows等でインストールする必要がある



  • Ruby処理系の登録



    • uru admin add DIR [--tag TAG]


      • DIR: Rubyのbinへのパス

      • TAG: Ruby処理系の名称

      • eg: uru admin add C:\ruby200\bin





  • Ruby処理系の切り替え



    • uru TAG


      • TAG: Ruby処理系の名称

      • eg: uru 200





  • 登録したRuby処理系の一覧


    • uru ls



  • 登録したRuby処理系の名称変更



    • uru admin retag CURRENT NEW


      • CURRENT: 現在の名称

      • NEW: 変更後の名称

      • eg: uru admin retag 200 200p481





  • 登録したRuby処理系の削除



    • uru admin rm TAG


      • TAG: Ruby処理系の名称

      • eg: uru admin rm 200p481





  • デフォルトのRuby処理系の登録


    • 環境変数PATHに登録されているRuby処理系が登録されると思われる(未検証)