AWS
mqtt

MQTTfxとAWSIoTを連携させる

ゆくゆくNefryBTを使い、閾値を超えた⇒MQTTでメッセージを送信⇒AWSIoTにログを残す、というプロセスを作りたくて、その準備をします。

まず、 MQTTfxとAWSIoTを連動させるところから、、、、下記サイトを参考にさせて貰いました。

AWSIoTに登録するシーン。
AWS IoTを始めよう -MQTTの設定(AWS IoT編)-

スムーズに進められましたが、ド初心者な私は少し詰まったところがあったので、そこをまとめます。あくまで補足として読んで下さい。

〇ルートCAの取得

AWS IoTの「証明書」からルートCAをダウンロードすると、ルートCAが記述された新しいページが表示されるのみ、、、。pem形式でダウンロードされると理想的、、、、探してみたらみつかりました。

下記URLのLicensing...を選択します

1.ルートCA.png

下記URLに遷移します。MQTTfxの登録に必要なのはVeriSign Class 3 Public Primary Certification Authority - G5.pemだけです。下にスクロールすれば該当バージョンのダウンロードが出来ます。私は念のためDownload a root packageで他のバージョンも一緒にダウンロードしました。

3.png

ダウンロードできました。下の階層へと進めばお目当てのVeriSign Class 3 Public Primary Certification Authority - G5.pemが見つかります。

4.png

あとはこれらをMQTTfxに登録させるだけ!

MQTT.fxと連動させるシーン。
AWS IoTを始めよう -MQTTの設定(MQTT.fx編)-

〇MQTTfxの登録方法

Client Certificate Filecrtを忘れないようにしましょう。また私の場合、格納場所が原因なのか何度かエラーを出しました(階層を変えたらうまく行きました、、、なぜでしょう、、、、)。

2.MQTTfxからpublish.png

緑のランプがつけば接続OK、Logを押せば成功したかどうか確認もできます。

試しにMQTTfxからAWSIoTへPublishします。

2.MQTTfxからpublish.png

任意のメッセージを設定して、Publish!

2.MQTTfxからpublish01.png

無事成功しました。あとはこのMQTTをマイコンでセンサー感知した結果としてキックできればいいのですが、、、、そこが難しい、、、、、一歩ずつですね。