TypeScript
AngularJS
angular-cli

Angularのapp.module.tsとは

実は知らず、有用な参考書に書いてあったのでまとめます(転記します)

1.png

・import分:モジュールやクラスを読むこむ
@NgModule@NgModuleデコレーターを使い、構成要素を登録
・declations:declationsプロパティにコンポーネントを登録
・imports:@NgModuleに定義した他モジュールを読み込む
・bootstrap:最初に起動するコンポーネントを指定
・export class AppModule { }:NgModuleの設定情報をAppModuleとして公開

他に上の画像にはありませんが、
・providers:DI元となるクラス(Serviceとか)を登録
もありますね。

declations:components
imports:外部から取り込んだモジュール
providers:service
といったくくりでしょうか、、、、

この本を参考にしました。