Posted at

Command 指向の Emacs 利用 (新字新かな)

More than 3 years have passed since last update.

Emacs は大変便利だ.しかし,いろいろな key bind を記憶するのが辛い.記憶できても,指がもつれる.この問題を解決するのが,本稿で紹介する「Command 指向の Emacs 利用」である.


「Command 指向の Emacs 利用」とは何か

「Command 指向の Emacs 利用」とは,command を打ち込んで Emacs を操作することを本則とする利用法である.


Command を入力するには

M-x を押して,command 名を入れてやればよい.Command 名は概ね系統的に命名されているし,command 入力では Tab や C-i による補完が使えるから,楽だ.


M-x を押すのが辛いならば

init.el に


init.el

(global-set-key [tab] 'execute-extended-command) 


と書いてやる.「M-x」は実は「execute-extended-command」という command を実行しているのだ.私はこの command に tab を割り当てているが,もちろん,他の key でもよい.


Command 名を思い出せぬときは

「apropos」という command を使う.Keyword を入力すれば,それに関係する command や変数を表示してくれる.


長い command 名を入力するのが辛いならば

Command に alias を設定できる.例えば init.el に


init.el

(defalias 'kb 'kill-buffer) 


と書いてやれば,「kill-buffer」という command に「kb」という alias を与えられる.


key bind から command 名を知るには

「describe-key」という command を活用する.M-x describe-key の後に当該の key bind を入力すれば,その key bind がどの command を実行しているかを表示してくれる.


key の押し間違いに悩むならば

その key bind を無効にしてやる.やはり init.el に


init.el

(global-unset-key (kbd "C-o")) 


と書いてやれば, C-o を押しても何も起こらなくなる.


最後に

皆様の快適な emacs life のお役に立てたらうれしいです!