search
LoginSignup
10

More than 5 years have passed since last update.

posted at

updated at

Googleのマテリアルデザインアイコンをシンボルフォントで呼び出せるSwiftライブラリ MaterialDesignSymbolの使い方

MaterialDesignSymbolはGoogleのマテリアルデザインアイコンをシンボルフォントで呼び出せるiosライブラリです。cocoapodsからダウンロードして使えます。
シンボルフォントなので、コードで自由に色やサイズを変更できます。

シンボルフォントでアイコンを設定するメリット

iOSアプリの開発でアイコンを用意する際、画像でアイコンを書き出して使う場合は様々な解像度のデバイス向けに画像を用意する必要があり、とても面倒です。

シンボルフォントを使ってアイコンを設定すれば、シンボルフォントはベクターデータなのでどの解像度でもスケーラブルに対応でき、画像を書き出す手間を大幅に減らすことができます。

Cocoapodsでのインストール

Podfileに以下のように追記します。

pod MaterialDesignSymbol

使い方

UIImageで使う方法

import MaterialDesignSymbol

var symbol:MaterialDesignSymbol = MaterialDesignSymbol(text:MaterialDesignIcon.list48px, size:25)
symbol.addAttribute(NSForegroundColorAttributeName, value: UIColor.redColor())
var iconImage:UIImage = symbol.imageWithSize(CGSizeMake(25, 25))

文字で使う方法

import MaterialDesignSymbol

titleLabel.font = MaterialDesignFont.fontOfSize(20)
titleLabel.text = MaterialDesignIcon.list48px

別のフォントを使いたい場合は

MaterialDesignSymbolはGoogleのマテリアルデザインアイコンのみ使えます。有名なアイコンフォント Entypoを使いたい場合はMaterialDesignSymbolのEntypo版 EntypoSymbolが使えます。

GoogleMaterialDesignのアイコンではなくカラーコードを利用したい場合

MaterialDesignColorはGoogleがマテリアルデザインで推奨しているカラーコードを簡単に呼び出せるライブラリです。cocoapodsからダウンロードして使えます。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
10