search
LoginSignup
23

More than 3 years have passed since last update.

posted at

updated at

python-twitterを利用して、pythonでTwitterを操作する。

python-twitterを利用して、pythonでTwitterを操作する。

python-twitterを利用して、pythonからTwitterを操作してみます。

プログラム実行前に準備すること

Twitter Appにアクセスし、[Create an app]で新規作成します。
URLの入力が求められることがありますが、なんでも構いません。
各種Keyを発行します。以下の4つです。
 ・Consumer Key(API Key)
 ・Consumer Secret(API Secret)
 ・Access Token
 ・Access Token Secret
これらが終われば、必要な準備は終わりです。

ライブラリのインストール

PythonでのTwitterライブラリは数多くありますが、今回はpython-twitterを使用したいと思います。
インストールは$ pip install python-twitterによりできます。

実際にライブラリを使用してみる

ログインしましょう。

import twitter

api = twitter.Api(consumer_key=' ',
                  consumer_secret=' ',
                  access_token_key=' ',
                  access_token_secret=' '
                  ))
# 空白には自分で取得した各種キーを文字列として入力してください。
# これによりプログラムからTwitterを動かすことができます。

最近の自分のタイムラインを取得してみましょう。
ついでに内容も表示してみましょう。

statuse = api.GetUserTimeline(api.VerifyCredentials().id, count=200)
# countに指定した個数のタイムラインを取得することができます。
# 取得できる最大値は200です。

for s in statuse:
    print(s.text)
# タイムラインの内容が表示されます。

フォロワーのタイムラインを取得してみましょう。
今回は数が多くなるので、5人のフォロワーの最新の5件を表示します。
*鍵垢の人のタイムラインは取得できないようです。

friends = api.GetFriends()
for i,friend in enumerate(friends):
    if i > 5:
        break
    friends_statuse = api.GetUserTimeline(friend.id, count=5)
    print(friend.name) # ユーザー名
    for f_s in friends_statuse:
        print(f_s.text) # ツイートの内容
    print() # 改行

実際につぶやいてみましょう。
ダイレクトメッセージもついでに送ってみましょう。

api.PostUpdates('I love python-twitter.')

for i,friend in enumerate(friends):
    if i > 5:
        break
    api.PostDirectMessage(friend.id, 'I love you.')

最後は写真をツイートしてみましょう。

api.PostUpdate('Picture.', media=' ')
# mediaの空白にアップロードしたい写真のパスを指定してください。

そのほかにもAPIには様々な関数が定義されているので、
気になる方は参考サイトを参照してください。

参考サイト

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
23