Help us understand the problem. What is going on with this article?

ポジショントラッキングの数学

More than 1 year has passed since last update.

この記事ではHTC Viveでも使われているLighthouseというポジショントラッキング技術について、数式を交えつつ解説します。1

ポジショントラッキングとは

3次元空間上において、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)などのデバイスやパーツなどの位置や向きを検出する仕組みです。特にVRの分野で活用されることが多く、HTC ViveやOculus RiftなどのHMDでVR空間の中を動き回れたり、コントローラを持ってVR空間に配置されたモノを掴めたりするのは、ポジショントラッキングによってVR空間で自分やコントローラの位置や向きを計算できているからです。

今回紹介するのはポジショントラッキングの中でもOutside-inトラッキングとして分類される、Lighthouseというテクノロジーです。Outside-inのトラッキングとは、外部にトラッキングのための特別なセンサーなどを設置し、HMD側では、そのセンサーが感知した情報を元にポジションを計算するものです。他によく採用されるポジショントラッキングの仕組みとしては、Inside-outの方法があり、これはHMDに埋め込まれたカメラに映る映像を元に、現在のポジションを計算するもので、Outside-inのように外部の機器を必要としません。

Lighthouseの概要

HTC ViveにおけるLigthouseのポジショントラッキングは、2台のBase Staitonと呼ばれる外部機器、トラッキング対象となるHMDとコントローラ、およびそれらのデバイスからトラッキングデータを受け取るPCによって構成されます。実際の構成図と、論理構成図を以下に載せます。

IMG_1120.jpg

HTC Vive lighthouse.png

ざっくりと言うと、Lighthouseでは、2台のBase Stationが赤外レーザーを発光し、HMDなどのデバイス側で受光、その受光タイミングから、3D空間内のポジションを計算する仕組みになります。

BaseStationの発光

Base Stationから発せられる赤外光は実際には肉眼では見えませんが、発光している様子を可視化している動画があるので、引用します。
HTC Vive Lighthouse Chaperone tracking system Explained

この赤外光は実際は2種類あります。LEDによる「Sync Blinker(同期点滅)」と、レーザー光による「Laser Sweep」です。Sync Blinkerは2台のBase Stationから発せられるもので、Base StationとHMD、およびコントローラ間で、これからLaser Sweepを始めるよ、というタイミングの同期のために使われる短い点滅光です。

Laser Sweepは指向性のあるレーザー光で行われる空間のスキャニングで、各BaseStationから、水平な平面で上下にSweepするレーザーと、垂直な平面で左右にSweepするレーザーの2種類のレーザー光を発します。Laser Sweepは、master/slaveそれぞれのBase Stationが行うのと、水平平面/垂直平面それぞれで行うものとで、計2x2=4パターンあります。

下図は、前出の動画からのキャプチャですが、左奥にあるBaseStationが、垂直平面で左右のSweepを行っている様子を可視化したものです。
basestation_scan2.jpg

HMD・コントローラ側で受信した赤外光がSync Blinkによるものか、Laser Sweepによるものか、また、今どのBase StationがLaser Sweepを行っているか、水平方向・垂直方向どちらのSweepなのかという情報は、赤外光の波長によって識別できます。2また、Laser Sweepは一定の速度でSweepされるので、Sync Blinkerを受光したタイミングとLaser Sweepを受光したタイミングの差によって、Base Stationから見た時のLaser Sweep平面の角度を求めることができます。

平面を計算

具体的な例を見てみましょう。以下のような座標系で、y軸と直行する水平レーザー平面が、x軸を中心に回転するケースを考えます。
IMG_1122.jpg

今、BaseStationでSync Blinkerが発生してから、$ t_{hor} μs $後に水平平面のLaserを受光したとします。BaseStationのレーザーの角速度は実際には $ 120\pi rad/s $ なので、水平平面の初期位置とのなす角θは、 $ \theta = 120\pi * t * 10^(-6) rad $ で求めることできます。

このとき最初の水平平面の法線ベクトルは(0, 1, 0)でしたが、t秒後の法線ベクトルは $ V_{hor} = (0, \cos \theta, \sin \theta) $ で得られます。

同様にして、z軸と直行する垂直レーザー平面が、y軸を中心に回転するケースを考えます。
IMG_1121.JPG

$ t_{ver} μs$後に垂直平面のレーザーの受光した場合、初期位置とのなす角をφとすると、その時の垂直レーザー平面の法線ベクトルは、$ V_{ver} = (cos(phi), 0, -sin(phi)) $ で得られることが分かります。

Base Stationから見た時の対象物体への方向ベクトルを計算

今までの計算で、BaseStationから見た時に $ V_{hor} $ と $ V_{ver} $ の2つの平面の上に、対象物体が乗っていることが分かりました。この2つの平面が交差する直線を求めることによって、BaseStationから見た時の対象物体の方向ベクトルを求められます。平面が交差する直線は、それぞれれの平面の法線ベクトルに対して直行するので、外積をとって $ V_{hor} × V_{ver} $ で求められます。BaseStationの位置から、このベクトルの向きに伸びる直線上に、対象物体は存在することになります。

2台のBase Stationの方向ベクトルの交点を計算

各Base Stationごとに対象物体への直線を求めたら、それらの直線の交点が、求める対象物体の位置になります。実際には計算された方向ベクトルには誤差が乗っているので、こららの直線が交わるケースは少ないです。そのため実際には近似値として、距離が最短となる各直線状の点を求め、その中点を対象物体の位置とします。

前段で求めた、各BaseStationからの方向ベクトルをそれぞれU・V、始点となるBaseStationの位置をそれぞれP・Qとおき、直線間距離が最短になるために s・t を変数として、$ P(s) = P+sU $ と $ Q(t) = Q+tV $ の間距離が最短になるようなs・tを求めます。距離が最短となるとき P(s)とQ(t)を結ぶ直線は、U・V両方に直交するので、
$ U・(P(s) - Q(t)) = 0 $
$ V・(P(s) - Q(t)) = 0 $
が成り立ちます。これはsとtの簡単な連立二元方程式なので容易に解くことができて、求めるべき点の座標が得られます。

参考URL


  1. と書いたものの、後でほとんど数式が出ていないことに気づいた。 

  2. より詳しく知りたい方は https://github.com/nairol/LighthouseRedox/blob/master/docs/Light%20Emissions.md を参照してください。 

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away