Confluence
jira
Atlassian
AtlassianDay 19

JIRAやConfluenceのテスト環境を簡単に作る3つの方法

More than 3 years have passed since last update.

こんにちは。

Atlassian Expert の一員として、JIRA や Confluence のアドオン開発や導入支援をしている者です。

Atlassian 製品は開発サイクルが速く、次々と新しいバージョンがリリースされます。

新しいバージョンがリリースされたら出来るだけ早く新機能や変更点を確認したいですよね。

そんなときに使える、クリーンなテスト環境を作る方法を紹介します。

ちなみに今回の記事は Server 版を対象にしています。


Windows インストーラを使う

普段使いのパソコンが Windows の場合はこの方法が最も手っ取り早いでしょう。

Atlassian のウェブサイトからインストーラをダウンロードして実行するだけです。

インストーラのウィザードにそって進めるだけなので特に難しいこともありません。

JIRA 7.0 のインストール方法はこちら。

https://confluence.atlassian.com/adminjiraserver070/installing-jira-applications-on-windows-749382631.html


仮想マシンを使う

VirtualBox や VMWare などの仮想マシンを使う方法です。

OS や JIRA/Confluence のセットアップを毎度手動で実行するのは手間なので、私は Vagrant でシェルスクリプトを実行させています。

Github で Vagrantfile を公開しています。

https://github.com/thirota/atlassian-vagrant/tree/master/centos-6.7/jira-software-7.0

https://github.com/thirota/atlassian-vagrant/tree/master/centos-6.7/confluence-5.9

VirtualBox と Vagrant がインストールされていれば、vagrant upで CentOS が立ち上がり、JIRA が起動します。あとは、Web ブラウザで JIRA のセットアップウィザードをいつも通り実行します。

テスト用のため、データベースは内蔵DB、localhost:18080でポートフォワードさせています。

私がいつも使っている Vagrantfile では、上述のスクリプトをもう少しカスタマイズして PostgreSQL のインストールや設定ファイルの書き換えなどもやっております。


Atlassian SDK を使う

開発者向けの開発キット(SDK)を使う方法です。

SDK と聞くと少し敷居が高く感じられますが、手順さえ覚えればそれほど難しい方法ではありません。

簡単に手順をまとめると・・・

これだけで、開発者ライセンスや初期設定の完了した Charlie Lawson's JIRA が起動します。簡単ですね!

起動まで時間がかかることと(特に初回)、ディスクの空き容量にご注意ください。

charlie-jira.png


まとめ

私はJIRAやConfluenceのセットアップウィザードの挙動を確認したいことも多いので、2番目に紹介した VirtualBox+Vagrant の構成を最も多用しています。

上記で紹介した以外にも、AWS の AMI イメージや、Docker イメージを使う方法もありますが、私は実戦投入していないため、今後の学習課題にしたいと思います。