Help us understand the problem. What is going on with this article?

チームのモチベーションに繋がる4つの取り組み

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

社内で開発チームのリーダーをやっています。
最近勉強会で「どうやってメンバーのモチベーションをあげているか」
という話が話題になることがあったため、自チームでの取り組みをいくつかのせてみます。

前提として、以下のようなことがモチベーションを下げない、もしくは上げることに繋がると考えています。あまり学術的な「定義!」というものではなく、筆者の感じていることです。

  • ストレスがたまりづらい、働きやすい環境がある
  • 納得性のある仕事が出来ている(本人にとって価値のある仕事ができている)
  • 主体的に仕事が出来ている

おしながき

  • KPT会
  • ミーティングDay
  • 1 on 1
  • リモート
  • まとめ

■KPT会

概要

週に1度、作業の振り返りをします。
以下の3種類の付箋を用意します。

Keep:良かったこと、続けたいこと
Problem:悪かったこと、改善したいこと
Try:KeepとProblemから、これからチームとして取り組みたいこと。具体的な改善案

全員で、それぞれの付箋を書き、最後に投票により、次にやる「TRY」を決めます。

良いところ
  • 「こうしたらいいのに」という悶々としたわだかまりを解消する場が明確にある
  • リーダーからの指示をやらされる側になるのではなく、主体的にやり方を決めやる側になりやすい
  • 仮にTryが出来なくても、「チームでこの課題を認識していて、なおしていこうと思っている」というポジティブな印象を抱ける(「どうせ変わらないでしょ」といった感覚になりづらい)
気をつけていること
  • KeepとProblemはTryのネタを思いつくための「アイデアの種」なので、どんなに突拍子のないことを書いてもOKにしている
  • Tryは必ず具体策とし、毎週2~3件、絶対にやる。「やりたいね」を確かめるだけの場にしてしまうと、目には見えづらい価値のMtgになる
  • Tryには担当者をつける。誰がこの仕事を進めるのかが明確になり、ちゃんと改善が回る
  • Tryのために業務の時間をちゃんと取る。「時間がある時に自主的にやっといて」はNG。「自主的にやって」はいつできるかわからない。他の仕事の速度を落とさず無理矢理進めると、仕事量が増えるし、改善タスクに対して悪印象を抱く

■ミーティングDay

概要

毎週火曜日にMtgを集中させています。
筆者のチームでは、火曜日に以下のMtgがあります。(開発プロセスにはスクラム開発を採用しています。)

  • 一週間の成果発表
  • KPT会(振り返り)
  • 次の一週間にやるタスクの見積のMtg(プランニングポーカー)
  • 次の一週間にやるタスクの決定のMtg
  • やるタスクの要件等、開発に関する不明点の整理のためのMtg
良いところ
  • Mtg、コーディング、Mtgなど、時間が切り取られると、集中しづらく、せっかく仕事がノってるのに...ということが少なくなる
  • Mtgは大体が「何かしらの決定」を目的としており、それを一日にまとめることで、不明点を出来る限り火曜に解消できる。結果、残りの4日は決めたことをやるだけという状態になり、仕事がしやすい
気をつけていること
  • メリハリをつけるため、ガッツリ時間をとる。(うちのチームでは火曜日の5~6時間程度をおさえています)
  • 不明点を出来るだけ減らすため、タスクは細かく分ける。(うちのチームでは、1タスク1時間までにしています)

■1 on 1

概要

隔週で30分、リーダーとメンバーで、1対1で話をします。
話す内容は特に決めていません。人ごと、その時ごとに内容は変えています。
具体的には、フランクなことを話すこともあれば、今チームや会社に対して思っていることや、悩んでいることを話すこと、個人のキャリアについて議論する場合などもあります。

良いところ
  • リーダーとメンバーの距離が近いと、報告(特に悪い報告)などがしやすくなり、精神的なストレスをためづらい
  • 皆がいる場では言いづらい、意見や困っていることなどを言う場が定期的にあるため、精神的なストレスをためづらい
  • メンバーのモチベーションの元、考えていることがわかりやすくなる結果、メンバーにとって価値のある、納得性の高い仕事を任せやすい
気をつけていること
  • 1 on 1は基本的に「メンバーのための時間」なので、どんな内容でも、メンバーがもってきてくれた話が最優先
  • 海外の1 on 1だと「メンバーに話したいことを持ってきてもらう」というのを推奨しているところも多いが、人によっては話したいことが本当になかったりするので、話すネタはリーダーも用意する
  • お互いに対する信頼が無いと、思っていることを打ち明けづらいので、無理に引き出さない
  • 30分は目安。せっかく大切な話をしてくれている場合、延長してでも聞いた方がいいので、なるべく後ろの時間は空けておく

[参考]
話すネタなどは結構世の中に転がってます(英語のものが多いですが)
https://jasonevanish.com/2014/05/29/101-questions-to-ask-in-1-on-1s/
https://getlighthouse.com/blog/one-on-one-meeting-questions-great-managers-ask/

■リモート推奨日

概要

弊社では元々、必要がある際にリモートOKというスタンスなのですが、リモートをする人、しない人に分かれて、差がうまれてしまいます。そこで、「皆ある程度やってみれば?」ということで、月曜、水曜をリモート推奨日としています。

良いところ
  • そもそも「リモートをやってみたい」という気持ちをもっている人が少なからずいて、推奨することで、「リモートを取ってみたいけど取りづらい」という人が、行動にうつれる
  • メンバー全員がリモートを実際することで、リモートする側の気持ち、メリットデメリットがわかる
  • 集中して仕事ができる。副次効果的に、不要なミーティングを削減しようという意識が強くなる。
気をつけていること
  • 「リモートだから」で、Mtgをスキップしたり、先延ばしにしない
  • 工数や、進捗の見える化が前提としてあると良い。リモートしていない側の「仕事をちゃんと進められているのか?」という疑念と、「そう思われているんじゃないか?」という余分な思いを払拭できる

まとめ

以上4つの取り組みをあげました。
これ以外もいくつかあるのですが、説明できるかどうかなどを含め、上記4つを今回は選びました。

今回紹介した仕組みは、必ずしも「チームメンバーのモチベーションをあげるぞ!」という思いから始めたわけではありません。やってみたら、モチベーションの向上に繋がったなーということが多いです。

モチベーションが上がったかどうかに関しては、1 on 1でメンバーと話した内容を元にしているので、必ずしも全員のメンバーのモチベーションがこれで爆上がりした!というわけではないですが、何か取り入れてみたい!という方の参考になればと思います。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away