Edited at

ちょこっとJulia言語を紹介する

More than 1 year has passed since last update.

この記事では、科学計算とか数値計算を全くしない人間が、何故か気に入っているプログラミング言語であるJuliaについてちょこっと紹介します。


Juliaとは

Juliaは2012年に公開された、科学計算処理、数値計算向けのプログラミング言語で、MITの学生や教授によって作られました。

なぜJuliaを作ろうとしたか、ということについては公式ブログで語られています。

記述しやすさ、高速さがウリで、LLVMベースのコンパイラを搭載することで実現しています。

for文で単純な計算するだけでも速いです。感動します。


プログラミング環境について

Juliaのインストールについては割愛し、ツールなどを紹介します。


JuliaPro

JuliaProはJulia Computingが提供するIDEです。

JuliaのインストールとAtomのインターフェイスであるJuno IDE、デバッガ、その他グラフ描写などの有用なパッケージが同梱されています。


JuliaBOX

JuliaBOXは同じくJulia Computingが提供するツールです。Jupyter Notebookを利用しているのでブラウザ上でJuliaを試すことができます。


VSCode

Visual Studio Code上で公開されているJuliaの拡張機能をインストールすることで、Juno IDEのようなIDEとして利用することができます。補完も効きます。


ちょっとした文法とか

文法については公式ドキュメントに詳しく書かれています。ここではほんのちょっとだけ紹介します。


乗算記号がいらない

x=32     

32

y=3x+1
97

z=2x^2+2x+1
2113


行列は「'」で転置

a=[1 2 3;4 5 6;7 8 9]

3×3 Array{Int64,2}:
1 2 3
4 5 6
7 8 9

a=[1 2 3;4 5 6;7 8 9]
3×3 Array{Int64,2}:
1 4 7
2 5 8
3 6 9


既約分数が求まる

t=2//4

1//2


パッケージについて

Webフレームワークや機械学習関連をサポートするパッケージなど、Juliaには現在1686のパッケージが公開されています。

ページではバージョンごとによってテストがpassしたかfailだったかが表示されていますが、半分くらいしかpassしていません…。


その他