Help us understand the problem. What is going on with this article?

virtualenvのPython仮想環境をVisual Studio Codeにも有効させる

More than 1 year has passed since last update.

@gtracker64 さんからもっと簡単な方法を頂きました。ありがとうございます。

VSCodeの設定(setting.json)で、python.pythonPathまたはpython.venvPathあたりを設定する方法もある。
https://code.visualstudio.com/docs/python/environments

はじめに

virtualenvはフォルダごとのPython仮想環境が作れます。非常に重宝にしています。Visual Studio Codeは、普段フロントエンド開発で使っていますが、PythonのIDEとしてもPluginさえインストールすれば、Lint、ソース自動整形などが備えて結構便利です。

しかし、virtualenvで仮想環境を有効化しても、VSCodeでソースコードを開いたら、色々なエラーが出ます。

なにか問題なの?

VSCodeがPython仮想環境を認識できない理由は、source env/bin/activateで有効化したvirtualenvの環境変数がVSCodeがわからないです。

どう解決するの?

環境変数を認識させれば済みます。

terminalの中で、Python仮想完了を有効化してからVSCodeをそのterminalから起動させる。

$ cd my-python-env
$ source my-python-env/bin/activate
$ code

いきなり、codeを実行してもVSCodeが起動しない場合、codeコマンドをpathに追加する作業が必要です。
以下のように、VSCodeの中でコマンド一発でOK。

vscode.png

こちらの方法で起動すると、VSCodeはterminalの中の全ての環境変数を継承しますので、Python仮想環境も有効化になります。

意外と簡単にできたが、結構ハマりました。:sweat:

thatbin
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away