Edited at

virtualenv 基本的なコマンド使い方メモ

More than 1 year has passed since last update.


この記事の概要・目的

pythonにおける仮想環境作成ツール、virtualenvの基本コマンドメモになります。


対象者


  • たまにしかvirtualenvを使わず、コマンドを忘れてしまった人の備忘録用。

  • (python開発経験があり、virtualenvを触ったことがある人が対象です。)


virtualenvとは?


  • python開発で使う、仮想環境作成ツール。

  • プロジェクト毎に、クリーンな仮想環境を作成することができるツールです。

  • virtualenvを導入することにより、以下のようなメリットを享受できます。


    • プロジェクト毎に開発環境を作成するため、開発中に他のプロジェクトや、マシン中のグローバルなpython環境を汚さずに済む。

    • プロジェクト中の開発環境が万一壊れても、作り直しが簡単。




virtualenvのインストール

他のpythonパッケージと同じく、pipコマンドでinstallできます。



$ pip install virtualenv


仮想環境の作成

仮想環境を作りたいプロジェクトにcdし、以下のようなコマンドを叩くと、仮想環境が作成されます。

仮想環境名は任意の名称で構いません。以降ではmy_envという名称の仮想環境を使用します。

# 特定プロジェクトに、仮想環境my_envを作成する。

$ cd (仮想環境を作りたいプロジェクト)
$ virtualenv my_env


仮想環境の有効化

仮想環境は作成しただけでは有効にならず、

以下のようにして有効にする必要があります。

# 仮想環境myenvを有効化する

$ source myenv/bin/activate

# コンソール上に、以下のように表示されれば成功です!
(myenv) $

# 作成したばかりの時点では、仮想環境はクリーンな状態です。
# 試しにpip freezeすると、最低限のパッケージしかインストールされていないことがわかります。
(myenv) $ pip freeze
appdirs==1.4.3
packaging==16.8
pyparsing==2.2.0
six==1.10.0


仮想環境の無効化・削除

それぞれ、以下のようにします。

# 仮想環境の無効化

(myenv) $ deactivate

# 仮想環境の削除
# (プロジェクト直下に生成されたフォルダを、まるごと削除でOKです。)
$ rm -rf myenv/