Posted at

ローカル開発環境を作ろう(IIS編)

More than 3 years have passed since last update.

ローカル開発環境とはサーバー上で行うことを今自分が使っているPCでなるべく同じ状況を作り、開発をスムーズに進めていく為のものです。

必要がないと思う人も居るかもしれませんが、PHPファイルを試すことや、なるべくサーバーに近い状態での作業に慣れるようにしましょう。


今回導入するもの

今回導入するのはwindowsに元々入っているIISというhttpサーバーを立てられるものです。

他に有名なローカル開発環境(windows)では


  • XAMPP

  • Vagrant

がありますが、今回は導入が楽なIISでお手軽サーバーを立てられるようにしてみたいと思います。


導入環境

Windows7 Home Premium


導入方法

まずは自分のアカウントが管理者ユーザーになっているかを確認しましょう。

もし、管理者ユーザーではなかった場合は変更をしてもらう等をする必要があります。

・[コントロールパネル]を開き[プログラム]を開きます。

・[プログラムと機能]という欄にある[Windowsの機能の有効化または無効化]を開きます。

※環境によっては少々ここで時間が掛かる場合があります。

・たくさんのフォルダが並ぶチェックボックスが出てくるので

 [インターネット インフォメーション サービス]1

 という欄を探しチェックボックスにチェック2を入れましょう。

・次に[インターネット インフォメーション サービス]の左側にある[+]のマークを押し展開しましょう。

出てくる内容

FTPサーバー

Web管理ツール

World Wide Webサービス

この全てにもチェックを入れましょう。

ここから先は数が多いのでまとめてチェックを入れるものを記載します。

チェック
FTPサーバー


FTPサーバー

FTP拡張機能

チェック
Web管理ツール

IIS6と互換性のある管理


IIS管理コンソール

IIS管理サービス

IIS管理スクリプトおよびツール

チェック
World Wide Webサービス

HTTP共通機能


HTTPエラー

HTTPリダイレクト

WebDAV発行


ディレクトリの参照


既定のドキュメント


静的コンテンツ

アプリケーション開発機能


.NET拡張機能

ASP


ASP.NET


CGI


ISAPIフィルター


ISAPI拡張機能

サーバー側インクルード

セキュリティ

IPセキュリティ

URL認証

基本認証


要求のフィルタリング

健全性と診断


HTTPログ

カスタムログ

ログツール

追跡


要求監視

性能機能


静的コンテンツ圧縮

動的なコンテンツの圧縮

※今回チェックを入れなかったものも今後必要に応じてチェックを入れる必要があります。

ここまでで導入は終了なので、次は確認をしてみましょう。


IISインストール確認

インストール出来てるかどうかの確認はとても簡単です。

ブラウザを立ち上げ、http://localhost/にアクセスするだけで確認が出ます。

確認をしてIISのスタートページが表示されたら成功です。


IISのローカル側のルートフォルダはC:\inetpub\wwwrootとなっているので、ここへhtmlファイルやphpファイルを入れローカル開発を行いましょう。

また、実際にはIISマネージャー等をインストールしIISの具体的な管理をすることが可能となりますが今回はあくまでも導入編ですので割愛させてもらいます。

なお、ファイアーウォールを変更し外向きに開放することも出来ますが今このページを見て導入した方へオススメは致しません。

あくまでもローカル開発環境として使用するのがベストだと思います。





  1. インターネット インフォメーション サービスがIISの正式名称になります。 



  2. チェックボックスにチェックを入れるとチェックマークではなく青く塗りつぶしたものになります。