LoginSignup
0
0

はじめに

この記事は、アプリ開発未経験の筆者が使用言語であるKotlinについて学び、Androidアプリ開発を目指していくものになります。

前回の記事 では、変数や関数など、Kotlinの基礎知識を学びました。
今回はその続きの記事となります。

すべてのコードは プレイグラウンド で試すことができますので、動作が気になったら実際にコピペしてやってみてください。

対象読者

  • Androidエンジニアを目指している方(自分は目指しています!)
  • Kotlinの基礎知識をサクッと学びたい方
  • 変数や関数など、ある程度の用語は理解している方

条件

Kotlinでの条件分岐制御は if/else ステートメントを使います。
条件は、比較演算子を利用して Boolean で判定します。

比較演算子

  • 等しい:==
  • 等しくない:!=
  • 未満:<
  • より大きい:>
  • 以上:>=
  • 以下:<=
sample.kt
fun main() {
    val num = 100
    if (num % 2 == 0) {
        println("偶数です")
    } else {
        println("奇数です")
    }   
}

whenを使って可読性アップ

if/else ステートメントは、when ステートメントを使うことで、より可読性が向上します。

IfElseSample.kt
fun main() {
    val num = 3
    if (num % 3 == 0 && num % 5 == 0) {
        println("fizzbuzz")
    } else if (num % 3 == 0) {
        println("fizz")
    } else if (num % 5 == 0) {
        println("buzz")
    } else {
        println("not covered")
    }   
}

上記を when を使って書き直すと、以下のようになります。

WhenSample.kt
fun main() {
    val num = 3
    when {
        num % 3 == 0 && num % 5 == 0 -> println("fizzbuzz")
        num % 3 == 0 -> println("fizz")
        num % 5 == 0 -> println("buzz")
        else -> println("not covered")
    }
}

条件分岐の結果を変数に代入する

変数宣言を行う際に、条件分岐の結果の値を代入することができます。

SetVarSample.kt
fun main() {
    val num = 3
    val answer = when {
        num % 3 == 0 && num % 5 == 0 -> "fizzbuzz"
        num % 3 == 0 -> "fizz"
        num % 5 == 0 -> "buzz"
        else -> "not covered"
    }
    println(answer)
}

このように、条件分岐と変数宣言を組み合わせて書くことができます。

次回予定

  • nullとは
  • null安全とは
  • nullチェックの方法 など、学んでいけたらと思います。
0
0
0

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
0
0