Help us understand the problem. What is going on with this article?

vagrant up時に以前作ったVMが読み込まれない時の対処法(Windows)

8月から新しい職場でweb開発を始めた駆け出しエンジニアです。
支給PC(Windows)で環境構築中、前日に作ったVMが読み込まれず新しく作成されてしまうという事が起こったので、その対処法について書きます。

0. 環境

1. 紐付けされているUUIDを調べる

.vagrant/machines/default/virtualbox/idに現在紐付けされている仮想マシンのUUIDが記入されています。
Vagrantfileのあるディレクトリで次のコマンドを実行します。

PS> cat .vagrant/machines/default/virtualbox/id
xxxxxxx-1111-xxxxx...

xxxxxx-1111....が現在紐付けされているUUIDです。

2. VBoxManage.exeで仮想マシン一覧を確認

まず、環境変数(PATH)にVBoxManage.exeのあるディレクトリを追加します。
デフォルトでは(C:\Program Files\Oracle\VirtualBox)になると思います。

仮想マシン一覧を表示します。

PS> VBoxManage list vms
"ubuntu-1804_default_12341234" {xxxxxx-1111-...}
"ubuntu-1804_default_22222222" {xxxxxx-2222-...}

{xxxxx-1111...}の部分がUUIDです。

ここで先ほど調べたUUIDと異なる、以前作成したものがあればUUIDを控えます。
しかし私の場合、現在紐付けされているものしか表示されませんでした。

(3. 仮想マシンを追加)

*.vboxファイルの置いてあるフォルダを確認します。

C:\vagrant_homeに昨日作成した、目的の仮想マシン(ubuntu-1804_*.vbox)が見つかりました。
VitualBoxのGUIを起動し、「仮想マシン」 >「追加」から該当する*.vboxファイルを追加します。

再度、仮想マシンの一覧を表示します。

PS> VBoxManage list vms
"ubuntu-1804_default_12341234" {xxxxxx-1111-...}
"ubuntu-1804_default_99999999" {xxxxxx-xxxx-...}

先ほど追加した仮想マシンが表示されているので、UUIDを控えます。

4. idファイルを書き換える

先ほどのファイル(.vagrant\machines\default\virtualbox\id)の中身を、控えておいたUUIDで書き換えます。

vagrant upで以前の環境が復元できれば成功です。

参考

tewi_r
受託開発で Rails / iOS / Android / Flutter 等をやっています。 趣味で xR 系。学生時代はC++/ Intel RealSense / Point Cloud Library を用いた点群処理やCG描画システムの開発
http://tewir.hatenablog.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした