JavaScript
TypeScript

Typescriptまとめ 関数の型定義

functionの型定義

functionの型定義は以下のように行う
関数の引数、関数の戻り値に対して型を定義すればいい。

function name(param: ptype, ...): rtype { ...statements... }

name: 関数名
param: 仮引数
ptype: 仮引数のデータ型
rtype: 戻り値のデータ型
statements: 関数の本体

引数のbaseとheightにnumber型を指定、戻り値にnumber型を定義している。

function triangle(base: number, height: number): number {
  return base * height / 2;
}
console.log(triangle(10, 5)); // 25

関数リテラルを利用することで、関数を式として表し、変数にだ代入することもできる。

let triangle = function(base: number, height: number): number {
  return base * height / 2;
};
console.log(triangle(10, 5)); // 25

let命令では型を明示していないが、型推論によってfunction型と認識される。

関数の型を明示した場合は、以下のように表す。

let triangle: (base: number, height: number) => number = function (base: number, height: number): number {
  return base * height / 2;
}

単に:functionとなるわけではない。
引数リストと戻り値の区切りはアロー関数で表す。

関数型の宣言

(param: ptype, ...) => rtype

param: 仮引数
ptype: 仮引数のデータ型
rtype: 戻り値のデータ型

最後に

のちのち更新していきますのでいいねお願いします!