Qt
Docker
QtDay 5

Qtビルド環境のコンテナ化

開発環境をコンテナ化するのが流行っていますね(要出典)。

今回はあえて情報の少ないWindowsでのコンテナ化に挑戦してみたいと思います。Docker for Windowsを使用し、QtのWindows向けビルド環境をコンテナ(Windowsコンテナ)にします。

なお前提としてC++開発環境にVisual Studio Build Tools 2017のコンテナを使用します。


Linuxの情報

Linux用のQt環境のコンテナは検索したら色々出てきます。


Qtのサイレントインストール

QtのインストーラーはQt Installer Frameworkで作られていて、スクリプトを使用したサイレントインストールが可能です。

このサンプルコードはUbuntu Server用なので、インストールするコンポーネントをWindows用に変えます。

コンポーネント名を調べるにはインストーラーを普通に実行して、最後の方で表示される確認画面を見れば良いです。


qt-installer-noninteractive.qs

function Controller() {

installer.autoRejectMessageBoxes();
installer.installationFinished.connect(function() {
gui.clickButton(buttons.NextButton);
})
}

Controller.prototype.WelcomePageCallback = function() {
// click delay here because the next button is initially disabled for ~1 second
gui.clickButton(buttons.NextButton, 3000);
}

Controller.prototype.CredentialsPageCallback = function() {
gui.clickButton(buttons.NextButton);
}

Controller.prototype.IntroductionPageCallback = function() {
gui.clickButton(buttons.NextButton);
}

Controller.prototype.TargetDirectoryPageCallback = function()
{
gui.currentPageWidget().TargetDirectoryLineEdit.setText("C:/Qt");
gui.clickButton(buttons.NextButton);
}

Controller.prototype.ComponentSelectionPageCallback = function() {
var widget = gui.currentPageWidget();

widget.deselectAll();
// Windowsのコンポーネントに変更
widget.selectComponent("qt.qt5.597.win64_msvc2017_64");
widget.selectComponent("qt.qt5.597.qtcharts");
widget.selectComponent("qt.qt5.597.qtdatavis3d");
widget.selectComponent("qt.qt5.597.qtpurchasing");
widget.selectComponent("qt.qt5.597.qtvirtualkeyboard");
widget.selectComponent("qt.qt5.597.qtwebengine");
widget.selectComponent("qt.qt5.597.qtnetworkauth");
widget.selectComponent("qt.qt5.597.qtremoteobjects");
widget.selectComponent("qt.qt5.597.qtspeech");
widget.selectComponent("qt.qt5.597.qtscript");

gui.clickButton(buttons.NextButton);
}

Controller.prototype.LicenseAgreementPageCallback = function() {
gui.currentPageWidget().AcceptLicenseRadioButton.setChecked(true);
gui.clickButton(buttons.NextButton);
}

Controller.prototype.StartMenuDirectoryPageCallback = function() {
gui.clickButton(buttons.NextButton);
}

Controller.prototype.ReadyForInstallationPageCallback = function()
{
gui.clickButton(buttons.NextButton);
}

Controller.prototype.FinishedPageCallback = function() {
var checkBoxForm = gui.currentPageWidget().LaunchQtCreatorCheckBoxForm;
if (checkBoxForm && checkBoxForm.launchQtCreatorCheckBox) {
checkBoxForm.launchQtCreatorCheckBox.checked = false;
}
gui.clickButton(buttons.FinishButton);
}


このスクリプトを使ってサイレントインストールを行うDockerfileを書きます。


FROM tetsurom/vctools:recommended-latest

ADD http://download.qt.io/official_releases/online_installers/qt-unified-windows-x86-online.exe C:/TEMP
ADD qt-installer-noninteractive.qs C:/TEMP

RUN C:\TEMP\qt-unified-windows-x86-online.exe --script C:\TEMP\qt-installer-noninteractive.qs

RUN setx path "%path%;C:\Qt\5.9.7\msvc2017_64\bin"

あとはビルドしてしばらく待ちましょう。

> docker build .

以上の手順でビルドしたコンテナをtetsurom/qtenv-windows:5.9.7-msvc2017_64にpushしておきました。


ライセンスについて

上記の手順ではLGPL版のQtをインストールしています。


使ってみよう

先ほど作ったイメージからコンテナを起動します。

qtsampleフォルダを作っておき、マウントします。


コンテナ外

> mkdir qtsample

> docker run --rm -it -v qtsample:C:/qtsample tetsurom/qtenv-windows:5.9.7-msvc2017_64

ここでqtsampleフォルダにQtを使ったアプリのコードを配置してください。

(docker runより前に置いてあっても良いです)


main.cpp

#include <QApplication>

#include <QWidget>
#include <memory>

int main(int argc, char** argv)
{
QApplication app(argc, argv);
auto widget = std::make_unique<QWidget>();
widget->show();
return app.exec();
}

配置したらqmake -projectを実行し、proファイルを生成します。


コンテナ内

> cd C:\qtsample

> qmake -project

生成したままではウィジェットが使えないので、生成されたproファイルを編集し、変数QTwidgetsを足します。


qtsample.pro

QT += widgets


以下のコマンドを実行してビルドします。


コンテナ内

> qmake

> nmake release
> windeployqt release

ビルドが成功したら、コンテナ外から起動してください。


コンテナ外

> qtsample\release\qtsample.exe


ウィンドウが表示されれば成功です。

このように、ホストマシンにVisual C++やQtをインストールすることなく、Qtを使ったアプリケーションをビルドすることができました。

ただし、エディターは別途用意する必要があります。